茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
b0026615_112157.jpg

われらが「茅ヶ岳歴史文化研究所」。その名前の由来ともなっているお山、

それが写真の茅ヶ岳です。(正確に言うと正面は金ヶ岳、右側奥が茅ヶ岳)

私Nも数回ここには登っております。最初の登頂は今から30年前の高校生

の時でした。(実家から全行程歩きで行きました。)

決して高い山ではないし、行程もきついことはないんだけどそれゆえ私の

大好きな山でもありマス。かの「日本百名山」の著者、深田 久弥氏の

終焉の地でもあります。秋のころのここは絶品ですよ!お試しあれ。


この裾野に位置する北杜市明野町(旧 北巨摩郡明野村)にも様々な縄文

期や平安期の遺跡が点在しています。今我々がとりかかっている白州町の

堰口遺跡とは異なり、たぶん当時も水の便というか水利にあまりたけては

いなかったであろう立地ですが、中々の遺跡が「出て」おります。

b0026615_1115543.jpg


閑話休題・・・・前回の投稿で詳細を明記させてもらっていますが、繰り返し

「お月見 オルゴールライブ at 八代家住宅」のお知らせをします。

来る9月30日、国の重要文化財である「八代家住宅」の方で16時より音楽

ライブを行います。

諏訪在住の「手回しオルゴールシンガー臼井 則孔」さんを招き素敵な

オルゴールと歌声の流れる癒しの空間を演出したいと思います。

かつて諏訪の地はオルゴールのムーブメントの世界的産地として広く

人口に膾炙しておりました。近年他の音楽媒体の発達によりその普遍性

は若干薄れたとはいえ、あの「懐かしい音」には万人の郷愁をそそる

何かがあります。私Nにとっても、両親に連れて行ってもらった遊園地や

何かを思い出せる魔法ですね、オルゴールは・・・・個人的にも大楽しみ

そして皆様にも超・おすすめなイベントですよ!

まだ若干の空席がありますのでご参加の申し込みお待ちしてます。
[PR]
# by kayabun | 2012-09-18 12:05 | スタッフ日記

お月見オルゴールライブ

国の重要文化財「八代家住宅」にて、手回しオルゴールを演奏するコンサートを行います!
b0026615_15125366.jpg

「お月見オルゴールライブat八代家住宅」

日時:平成24年9月30日(日) 16時~
入場料:1,000円(お茶・お団子つき)
内 容:
♪重要文化財八代家をもっと知ろう講座(解説:佐野 隆) 北杜市教育委員会勤務
♪手回しオルゴールライブ(演奏:臼井則孔)
♪臼井さん、佐野さんを囲んで楽しい歓談のひと時

要申込  9月25日〆切 先着50名(定員になり次第締切ります) 

申込方法:お電話・FAX・メールのいずれかでお申し込み下さい。
TEL/FAX:0551-20-2051
e-mail:kayabun@hotmail.co.jp
※お申し込み時に参加者の氏名・人数・連絡先をお知らせください。

出演者:臼井 則孔(うすい のりこ)
プロフィール
手回しオルゴールシンガー(手回しオルゴールを奏で心の原風景を歌う手回しオルゴールシンガー)
信州安曇野穂高出身。諏訪湖オルゴール博物館「奏鳴館」でガイド役を経て、カード式オルゴールで歌うという、世界でただ一人、独自の演奏スタイルを確立。各方面で展開をはじめる。CD(アルバム)も数枚リリースしている。


皆様のお越しをお待ちしています!
[PR]
# by kayabun | 2012-09-08 15:17 | イベント情報

大所帯になりました

b0026615_1814756.jpg

堰口遺跡の発掘も大詰めになってきた、われら「かやぶん発掘隊」。

昨日から他現場や内勤のスタッフも動員して、一気に作業にあたって

おりマス。

俺=N的にもいろんな面で忙しくなってきてるけど、そこはファイトで

乗り切っていきまっせ!今後涼しくなっていくでしょうしね。


今日は午後ゲリラ的雨にみまわれましたが、そこは待機・・・その後

雨も上がって無事作業を完遂することができました。

人数が多いので遺構もガシガシ出てきます。それに十字状にセクション

ベルト残して、掘り下げていってます。近日中に写真もアップします

ね・・・・

(今日の写真は無関係な「ヒマラヤの青いケシ」です・・・綺麗でしょ)
[PR]
# by kayabun | 2012-09-06 18:10 | スタッフ日記
b0026615_21575447.jpg

「ずっとあなたを待っていました」という訳でもなかろうが、

今日見つかったこの刀剣、平安時代のものだそう・・・

千年の月日を経て(おそらく)地表に現れたるもの。いやが

おうにもね。


俺=N的にもね、30年ぶりに消息を聞くことが出来た人が

いましてね、無事元気であるらしい・・・そんな便りが嬉しい

年齢になっちまったなあ。

ねえ、平安朝の刀剣さん・・・そないな気持ち分かるだろう?
[PR]
# by kayabun | 2012-08-28 22:03 | スタッフ日記

堰口復帰2日目

b0026615_21241456.jpg

堰口遺跡に戻ってきた我らNPO茅ヶ岳歴史文化研究所発掘隊!

本日出土といふか本日完成のホカホカ遺跡、縄文前期およそ

6500年前の住居址ですわ。こうして出土した遺物(石関係)

はどの層ででたのかなどのデータをいかすため、極力こう

して土柱にして残します。(これを残しながら掘り進めていく

のが結構めんどくさい・・・・邪魔だし!なんて言っちゃいけな

いんだよね)


こうして掃除して調査員がカメラで記録したのち、今度はこれ

ら遺物を測量(光波測量だね)して、取り上げて土柱をくずして

今度は住居内の穴(柱とか炉とかのあと)を掘っていくのです。


まだまだ残暑厳しい現場でありますが、みんなで頑張って

ゆくのです。
[PR]
# by kayabun | 2012-08-21 21:38 | スタッフ日記

夏は訪問者も多し

b0026615_19194122.jpg

どうも、Nです。今週は白州堰口遺跡の発掘はちょいお休み。代わって

お盆も勤務可能な者のみ、明野町天王原遺跡に「出張」してます。

おいらNも2.5日休みをとらせてもらいました・・・明日は行きますよ。


写真は先週末昭和女子大の学生さんたちが堰口に来た際の

調査員による説明の1コマです。学生のみなさんに住居の柱穴に

入ってもらい「縄文を体験して!」もらいました。いつも思うけど

彼、S調査員の解説は絶品です。まあ、場慣れしていることもある

のだろうけど、実に分かりやすい。俺レベルでも参考になる話し方

のテクニックとか見出せますからね。

お盆も終わると残暑の中にも秋風が立つ山梨県北杜市・・・・

「秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる」

って感じですかね。
[PR]
# by kayabun | 2012-08-16 19:29 | スタッフ日記

申し訳ねえです!

 お久しぶりのNです。 すんまそん・・・・更新できてなくて!

私体調をくずしておりました。さらに言えば自宅のパソコン

がお亡くなりになってしまい、自宅からの更新がままならず

今回も写真はいっさいありません。


 北杜市からの委託事業である白州は堰口遺跡の発掘・・

着々と進んでおりまする。依然として縄文時代の遺物や

住居址などの遺構がガンガンと出土しています。住居址

に関しては何件もの建て替えやら拡幅などがあり、複雑に

「切り合って」います。その切り合いを調査員が吟味し、

確定していくわけです。写真で見せたいですね(笑)


 いつの間にやら8月になりました・・・・現場の空中にも

いつの間にやら、トンボがそこかしこに乱舞する状況です。

今日は天候の事情で現場での発掘作業はお休みですが

、明日以降また炎天下のもと「土とタイマンを張ります」(笑)
[PR]
# by kayabun | 2012-08-06 12:44 | スタッフ日記

縄文住居完成品 一丁!

b0026615_2272938.jpg

今日はあいにくの雨。という訳で現場は中止・・・・残念です。

先日、セクションベルトのお話を書かせてもろたけど、

写真は縄文住居・・・・完成品です(笑)。セクションベルト

をとっぱらって、床を綺麗に掃除して・・・・それから調査員

がチェックした穴を丁寧に掘り下げていきます。そして再度

全体を掃除して写真を撮ったものがこいつですね。柱の

穴やらその他、貯蔵用とも言われている穴やら(なんせ当時

冷蔵庫なんてないですしね・・・・5000年とか前だし)

中央の石で囲まれたものは「炉(ろ)」です。煮炊きやら暖を

とったり、はたまた照明だったり。こうして眺めているとかつて

子供の頃に習った、「人間は火を使うことで他の動物との

相違を得た」的な説明がググッと腑に落ちていくようです。


まだまだ勉強中の俺Nですけど、明日も頑張っていろいろ

覚えていこっと!
[PR]
# by kayabun | 2012-07-12 22:18 | スタッフ日記

OVER THE RAINBOW

b0026615_1943916.jpg

今日の現場も蒸し暑かったです。作業員さんたちの体調管理にも

なおのこと気を付けねば・・・・

竪穴住居のその後をレポしようと思ったんだけど、急遽予定変更

・・・今日の3時半ごろ現場から東を仰ぎ見ると、このような虹が!

しばし皆でこいつを眺め、あるいは写真を撮ったりしてね。汗まみれ

土まみれの体とくたびれた心をホンマに癒してくれました。その後

の作業がはかどったのは言うまでもありません・・・・だよね?(笑)


信仰心のかけらもない俺Nだけど、なにやら少しだけ敬虔な気分

になったとかならないとか。


 「虹仰ぎ 我も善男 初夏の頃」(一句ひねってみました)・・・・

明日は雨かなあ?
[PR]
# by kayabun | 2012-07-11 19:53 | スタッフ日記

縄文住居・・・入門編

b0026615_23291367.jpg

こんばんは、Nで~す。今日の現場はちょっとムシムシ感大盛り

やったかな?特に午後遅い時間になって暑さが増してきたような

そんな実感がしました。 今日もみんなで頑張りました・・・ハイ!


写真は縄文時代の住居です。通常発掘作業においてはこのように

住居中央部に十字状に畦(あぜ)を残し、住居を4分割にして掘り

進めていきます。通常この畦をセクションベルトと呼んでおります。

で、こいつはなんのためかと申しますと、この住居に堆積した土の

土層観察を行うことが主たる目的ですね。

この断面を調査員が観察することによって、その土が自然体積した

ものか人為的な埋め戻しなのか・・・とかいろいろな情報が得られる

のだそうです。俺Nレベルだとこのセクションベルトに調査員が

引いた線を眺めて「そういや色が違うなあ・・・・」くらいしか把握でき

ないけど、もっともっと勉強して「見える男」になりたいです(笑)。


今日俺らはこれと隣接する縄文住居のセクションベルトを取り払う

作業をしました。 では続きは次回で・・・・・
[PR]
# by kayabun | 2012-07-10 23:51 | スタッフ日記