茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

堰口復帰2日目

b0026615_21241456.jpg

堰口遺跡に戻ってきた我らNPO茅ヶ岳歴史文化研究所発掘隊!

本日出土といふか本日完成のホカホカ遺跡、縄文前期およそ

6500年前の住居址ですわ。こうして出土した遺物(石関係)

はどの層ででたのかなどのデータをいかすため、極力こう

して土柱にして残します。(これを残しながら掘り進めていく

のが結構めんどくさい・・・・邪魔だし!なんて言っちゃいけな

いんだよね)


こうして掃除して調査員がカメラで記録したのち、今度はこれ

ら遺物を測量(光波測量だね)して、取り上げて土柱をくずして

今度は住居内の穴(柱とか炉とかのあと)を掘っていくのです。


まだまだ残暑厳しい現場でありますが、みんなで頑張って

ゆくのです。
[PR]
# by kayabun | 2012-08-21 21:38 | スタッフ日記

夏は訪問者も多し

b0026615_19194122.jpg

どうも、Nです。今週は白州堰口遺跡の発掘はちょいお休み。代わって

お盆も勤務可能な者のみ、明野町天王原遺跡に「出張」してます。

おいらNも2.5日休みをとらせてもらいました・・・明日は行きますよ。


写真は先週末昭和女子大の学生さんたちが堰口に来た際の

調査員による説明の1コマです。学生のみなさんに住居の柱穴に

入ってもらい「縄文を体験して!」もらいました。いつも思うけど

彼、S調査員の解説は絶品です。まあ、場慣れしていることもある

のだろうけど、実に分かりやすい。俺レベルでも参考になる話し方

のテクニックとか見出せますからね。

お盆も終わると残暑の中にも秋風が立つ山梨県北杜市・・・・

「秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる」

って感じですかね。
[PR]
# by kayabun | 2012-08-16 19:29 | スタッフ日記

申し訳ねえです!

 お久しぶりのNです。 すんまそん・・・・更新できてなくて!

私体調をくずしておりました。さらに言えば自宅のパソコン

がお亡くなりになってしまい、自宅からの更新がままならず

今回も写真はいっさいありません。


 北杜市からの委託事業である白州は堰口遺跡の発掘・・

着々と進んでおりまする。依然として縄文時代の遺物や

住居址などの遺構がガンガンと出土しています。住居址

に関しては何件もの建て替えやら拡幅などがあり、複雑に

「切り合って」います。その切り合いを調査員が吟味し、

確定していくわけです。写真で見せたいですね(笑)


 いつの間にやら8月になりました・・・・現場の空中にも

いつの間にやら、トンボがそこかしこに乱舞する状況です。

今日は天候の事情で現場での発掘作業はお休みですが

、明日以降また炎天下のもと「土とタイマンを張ります」(笑)
[PR]
# by kayabun | 2012-08-06 12:44 | スタッフ日記

縄文住居完成品 一丁!

b0026615_2272938.jpg

今日はあいにくの雨。という訳で現場は中止・・・・残念です。

先日、セクションベルトのお話を書かせてもろたけど、

写真は縄文住居・・・・完成品です(笑)。セクションベルト

をとっぱらって、床を綺麗に掃除して・・・・それから調査員

がチェックした穴を丁寧に掘り下げていきます。そして再度

全体を掃除して写真を撮ったものがこいつですね。柱の

穴やらその他、貯蔵用とも言われている穴やら(なんせ当時

冷蔵庫なんてないですしね・・・・5000年とか前だし)

中央の石で囲まれたものは「炉(ろ)」です。煮炊きやら暖を

とったり、はたまた照明だったり。こうして眺めているとかつて

子供の頃に習った、「人間は火を使うことで他の動物との

相違を得た」的な説明がググッと腑に落ちていくようです。


まだまだ勉強中の俺Nですけど、明日も頑張っていろいろ

覚えていこっと!
[PR]
# by kayabun | 2012-07-12 22:18 | スタッフ日記

OVER THE RAINBOW

b0026615_1943916.jpg

今日の現場も蒸し暑かったです。作業員さんたちの体調管理にも

なおのこと気を付けねば・・・・

竪穴住居のその後をレポしようと思ったんだけど、急遽予定変更

・・・今日の3時半ごろ現場から東を仰ぎ見ると、このような虹が!

しばし皆でこいつを眺め、あるいは写真を撮ったりしてね。汗まみれ

土まみれの体とくたびれた心をホンマに癒してくれました。その後

の作業がはかどったのは言うまでもありません・・・・だよね?(笑)


信仰心のかけらもない俺Nだけど、なにやら少しだけ敬虔な気分

になったとかならないとか。


 「虹仰ぎ 我も善男 初夏の頃」(一句ひねってみました)・・・・

明日は雨かなあ?
[PR]
# by kayabun | 2012-07-11 19:53 | スタッフ日記

縄文住居・・・入門編

b0026615_23291367.jpg

こんばんは、Nで~す。今日の現場はちょっとムシムシ感大盛り

やったかな?特に午後遅い時間になって暑さが増してきたような

そんな実感がしました。 今日もみんなで頑張りました・・・ハイ!


写真は縄文時代の住居です。通常発掘作業においてはこのように

住居中央部に十字状に畦(あぜ)を残し、住居を4分割にして掘り

進めていきます。通常この畦をセクションベルトと呼んでおります。

で、こいつはなんのためかと申しますと、この住居に堆積した土の

土層観察を行うことが主たる目的ですね。

この断面を調査員が観察することによって、その土が自然体積した

ものか人為的な埋め戻しなのか・・・とかいろいろな情報が得られる

のだそうです。俺Nレベルだとこのセクションベルトに調査員が

引いた線を眺めて「そういや色が違うなあ・・・・」くらいしか把握でき

ないけど、もっともっと勉強して「見える男」になりたいです(笑)。


今日俺らはこれと隣接する縄文住居のセクションベルトを取り払う

作業をしました。 では続きは次回で・・・・・
[PR]
# by kayabun | 2012-07-10 23:51 | スタッフ日記

中学生の体験発掘

b0026615_207674.jpg

今日も現場は灼熱!日がかげるということがこんなに素敵なこと

だとは知りませんでした(笑)。

北杜市の遺跡発掘調査支援業務を委託で受けている、我々「茅ヶ岳

歴史文化研究所」 さて今週も始まりましたよ。


今日は堰口遺跡と目と鼻の先にある白州中学校の2、3年生が

現場に体験発掘に来ました。

調査員の説明を真剣に聞き、体験発掘に勤しむ姿は我々の業務

にもええ影響を与えたんとちゃうかな?こうして現場を体験してくれた

少年少女諸君の中から未来の考古学者が誕生するかもね!それに

大人から子供に確実に何かが継承されていくのだななどと、いつになく

真面目ちゃんモードの俺Nでした。

さて明日もまだ見ぬ遺物よ・・・・・待ってなさい!って感じかな。
[PR]
# by kayabun | 2012-07-09 20:18 | スタッフ日記
b0026615_1736522.jpg

昨日、今日はお仕事オフ・・・多分作業員諸氏もそれぞれ

英気を養っていることと推察されます。もち俺Nもね。

そんなわけで明日からまた5日間発掘作業に勤しみますのだ。

縄文の住居がドッカンドッカン出ております。石鏃も石匙もでます。

当然土器が出てくるのは言うまでもありません。ロマンです。


ま、炎天下での作業はきついっちゃきついですけどね。
b0026615_17432843.jpg

こんな山が眼前に迫る絶好のロケーションですよ!流石「天然水」

の本場でしょ?
[PR]
# by kayabun | 2012-07-08 17:45 | スタッフ日記

今日から私Nが・・・

b0026615_23351397.jpg


今日より私Nが「かやぶんニュース」を更新させていただきます。 


現在我々「茅ヶ岳歴史文化研究所」では、北杜市より委託を受け

市内白州町の「堰口遺跡」の発掘調査真っ最中です。


灼熱の炎天下、ひたすら縄文時代の遺構と対峙する毎日ですが、

様々な遺物も出土しとても興味深く作業にいそしんでおります。

このような遺物など順次紹介していけたらと思います。 ではまた・・・・
[PR]
# by kayabun | 2012-07-06 23:49 | スタッフ日記
北杜市の姉妹都市、ケンタッキー州マディソン郡ベリア市の訪問団を歓迎する会が10月12日、スパティオ小淵沢で開かれ、アトラクションとして当法人のこども神楽に出演の依頼がありました。
外国の人に日本の文化を伝えたくてお神楽を始めたという男の子の、夢を叶える絶好のチャンスだと思いました。せっかく外国の方たちに見ていただくので生の楽(がく)の方が良いだろうと、三嶋神社神楽保存会の方たちに楽をお願いしました。面を付けて舞っている時は楽の方々のような年配の男性が舞っていると思って見ていた会場の皆さん。面を取ると中学生の少年だったのでサプライズだったみたいです。本人の希望で、英語で感想をスピーチしました。その後一緒に記念撮影をしたい人たちに囲まれ、ひっぱりだこでした。
b0026615_8595563.jpg

[PR]
# by kayabun | 2011-12-08 11:07 | 子供神楽教室