茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

調査速報

5月9日遺跡発掘作業の現状。
<抜根作業と住居址遺構検出作業>
抜痕作業は遺物を取り上げながら慎重に行っています
まるで木の根で守られたように、住居址壁際に積まれた礫が残っていました。
b0026615_8455153.jpg


<鋤簾がけ、バッコン作業に続いて、平安時代住居址の検出作業>
土が乾ききっていたので、水を撒いてから、確認面の精査を行い、住居址のプランを確認をしています。
粉チョークで印がついているのは、掘立柱建物柱建物址を構成する柱です。切り合い関係から、住居址より新しいのではないかと予想されます。
b0026615_8554291.jpg

[PR]
# by kayabun | 2016-05-10 08:46 | 発掘情報
b0026615_9213063.jpg
於:北杜市明野町天王原
いよいよ始動!
今年度の当研究所の遺跡調査支援業務は、北杜市明野町天王原工区の調査で幕を開けました。年内いっぱいの発掘調査を予定しています。このほか土地利用に基づく北杜市内の試掘調査も予定されています。調査の過程で発掘調査に係る説明会も計画されておりますので奮ってご参加ください。当研究所のホームページなどでご案内の予定です。
[PR]
# by kayabun | 2016-04-19 09:44
昨年10月に行われた「ノルダステーロの想い出」、大好評につき、第2回目の開催が決定いたしました。
今回も会場は国指定重要文化財の八代家住宅。合唱団ノルダステーロの団員さんと、一緒にうたってみませんか?
今回のゲストは LOS AKEÑOS(ロス・アケーニョス) のお二人。ラテンアメリカの民族楽器アルパと、ギターによるデュオの演奏もお楽しみに!
皆様のお申し込みをお待ちしています。

特別出演:LOS AKEÑOS(ロス・アケーニョス)
中尾均(ギター) 中尾はるみ(アルパ)

b0026615_10492826.jpg


日 時:平成27年6月27日(土) 午後2時~午後4時
場 所:北杜市明野町 八代家住宅
参加費:500円(お茶・おやつ付)
※要申し込み・6月24日締め切り

お問合せ・お申し込み:茅ヶ岳歴史文化研究所(かやぶん)
電話/FAX:0551-45-7672(電話は平日9時~17時)
mail:kayabun@hotmail.co.jp
[PR]
# by kayabun | 2015-05-28 10:51 | イベント情報
今年もまた、伝統芸能研修会の季節がやってきました!
「明野町民俗芸能保存会」が行っている、神楽舞の披露です。明野町内の六つの神楽保存会が、春の例大祭で奉納しているお神楽を皆様の前でご披露します。
今年は神(じん)の舞・猿田彦命(さるたひこのみこと)の二つの同じ舞を、二つの異なる保存会がそれぞれ舞います。保存会ごとの楽や舞の違いをお楽しみください。
皆様のお越しをお待ちしています。


b0026615_9321917.jpg


明野町民俗芸能保存会 第5回伝統芸能研修会 「明野のお神楽」

日 時:平成26年11月9日(日) 午前9時~午後3時半
    (休憩時間:12時~12時40分)
    ※休憩時間は、進行によって前後する場合もあります
    ※開催時間中、自由に出入りが出来ます。
場 所:明野総合会館 多目的ホール
入場料:無料

問合せ:かやぶん(明野町民俗芸能保存会 事務局) 
     0551-45-7672
     ※当日のお問合せのみ 明野総合会館 0551-25-3285
[PR]
# by kayabun | 2014-10-30 09:33 | イベント情報
今年もまた、八代家を会場にイベントが行われます。
今年のイベントは、終戦直後の混乱の中、八代家で生まれた合唱団 ノルダステーロ の団員さんをお招きし、当時歌っていた歌を一緒に歌います。
ノルダステーロとは、エスペラント語で北巨摩の星を意味するNorth Starのこと。八代家前当主、八代英蔵氏が主催し活動していた混声四部合唱団ノルダステーロ、一夜限りの復活なるか?
当時の思い出話などを聞きながら、懐かしい歌を一緒に歌ってみませんか?
ちゃみたくジュエットのお二人によるフルート演奏もあります!
皆様のお申し込みをお待ちしています♪

特別出演:ちゃみたくジュエット(フルート二重奏)
ブログ:ちゃみたくハウス

b0026615_1263056.jpg


日 時:平成26年10月18日(土) 午後2時~午後4時
場 所:北杜市明野町 八代家住宅
参加費:500円(お茶・おやつ付)
※要申し込み・10月15日締め切り

お問合せ・お申し込み:茅ヶ岳歴史文化研究所(かやぶん)
電話/FAX:0551-45-7672(電話は平日9時~17時)
mail:kayabun@hotmail.co.jp
[PR]
# by kayabun | 2014-09-17 12:11 | イベント情報
「明野町民俗芸能保存会」では、秋の恒例行事、伝統芸能研修会を行います。毎年春の例大祭で神楽の奉納をしている六つの神楽保存団体が、一堂に会して舞を披露します。
市民の皆さんにも広く神楽について知っていただきたい、という想いから、公開の形で開催される研修会です。一日かけて奉納される舞の多くを、それぞれの神楽保存団体が担当して披露します!
皆様のお越しをお待ちしています。

b0026615_10301659.jpg


明野町民俗芸能保存会 第四回伝統芸能研修会 「明野のお神楽」

日 時:平成25年11月9日(土) 午前9時~午後3時半
    (休憩時間:12時~12時40分)
    ※休憩時間は、進行によって前後する場合もあります
    ※開催時間中、自由に出入りが出来ます。
場 所:明野総合会館 多目的ホール
入場料:無料

問合せ:かやぶん(明野町民俗芸能保存会 事務局) 
     0551-45-7672
     ※当日のお問合せのみ 明野総合会館 0551-25-3285
[PR]
# by kayabun | 2013-10-23 10:31 | イベント情報

で、こいつが全体像

b0026615_1385834.jpg


「ジャ~ン!」といふわけで前回から紹介の出産土器!これが完全体

でありまする。数千年の時を経て大気中にこんにちわです。なんて

素晴らしい!なんてロマンチック!ポエムです!メルヘンです(笑)


土器の本体の部分、調査員も言ってはったけど「女性のボディー」の

モチーフですよね。私Nも普段のおバカノリはどこへやら・・・・

殊勝といふわけではないが、妙に敬虔というか神妙というか、人の

命の不思議さなんてやつが軽く脳裏をよぎりやがりましたよ!「我々

はどこから来て、どこに向かっているのだろう?」なんて哲学的命題

なんかも視野に入れつつデスネ(笑)

数千年の眠り・・・すくなくともこの数十年は「こいつ」の上に毎年

4月になるとお水が張られて、まもなく苗が植えられて・・・・秋には

稲刈りが行われて美味しい白州米となって。


水田になる前は田野だったのかはたまた雑木林やったのか?それこそ

気の遠くなるやうな「流転」を繰り返して今再び「日の目を見たのです

よ!」この土製の「お母さん」はね。


さてこれを作ったのはどんな性格のどんな人やったんやろね?

ではまた次回!
[PR]
# by kayabun | 2013-03-28 13:28 | スタッフ日記

産みの苦しみ

b0026615_910953.jpg

発掘調査ですから、ものがあんまり出土しない・・・というのは

面白くない。逆に完形に近い土器だとか、石鏃系遺物とか、その他

モロモロ何かが「出てくる」ととても嬉しい。モチベーション大盛

明日への活力ともなり得ます。


遺跡発掘支援業務・・・今年度終盤に出てきたのは縄文中期の「

出産土器」それもかなりの大物です。土器全体の写真は次回にアップ

予定やけど、見た感じパーツのそろいも中々で復元したらすごく

カッコイイと容易に類推できます。


写真はその土器に付いている人面像。母親の産みの苦しみを表現した

ものか?中々の表情ですね(笑)。これ自体も成人男性の手のひら大

よりも大きな感じでインパクト十分の質感でした。現場にいた全

作業員さんから歓声や嘆息の念がもれたことは言うまでもありません。

調査員S氏によるとこの手の土器の出土は、我が北杜市(旧北巨摩郡

)においてここ30年で3体目だそうです。ということは・・・・


また10年後に「次なる一体」が地中からHELLOするんやろかね?

では次回は全体像の写真UP、乞うご期待ですよ!
[PR]
# by kayabun | 2013-03-19 09:28 | スタッフ日記

三寒四温

b0026615_11113791.jpg


我らが「かやぶん」のフランチャイズ。山梨県北杜市・・・・何もこの辺

だけではないようですが、全国的に(かな?)むっちゃ暖かくなったり、

はたまた冬に逆戻りしたようになったり・・・・一昨日の日曜日にはお昼

ごろいきなり台風クラスの烈風吹きすさび、気がつけば気温が10℃くらい

一気に下がったり。

でもこれから少しずつ春めいていくのでしょうね?「人間が自然を破壊して

しまっても、春は春である・・・」なんてことをのたもうたのは、かの文豪

トルストイでしたかね。21世紀の今日でさえそれは真理のやうな気がします

わ・・・・


遺跡発掘支援業務も一段落!次の現場が始まるまでしばしのお休み(別に

仕事がないという意味じゃないけどね)。今後はちょっと更新のペースを

早めて「遺跡報告会」みたくしてみようかな?なんて思っています。


北杜市は白州町竹宇遺跡。昨年晩秋に作業に着手して早や数ヶ月、終わり

にきて「お宝」的なものが多数(複数か?)出土しました。今回はその

紹介の導入ということで、コイツの写真をアップします。隣の「遺物」は

大きさの比較と一種のシャレと思うていただきたい(笑)。


最も完掘してみると、結構縦に長く「遺物」(というより異物?)とは

大分異なった印象をもちました(あたりまえか!)。むしろ花瓶的な感じ

かな?


雪にも悩まされましたね。きつかったです・・・・もう今年は雪はいらない

です。といいながら案外四月初めまでは油断でけへんのよね。
[PR]
# by kayabun | 2013-03-12 11:56 | スタッフ日記

弥生三月雨にて開始

b0026615_1764770.jpg


三月に入りましたね。遺跡発掘支援業務も年度末、大詰めといふ

感じかな?雪に悩まされ、寒さに震え・・・・と思うと暖かいの

だけれど雨にたたられ・・・・兎角この世は住みにくい(笑)


話変わって写真は縄文時代の貯蔵穴だそうです。人がすっぽり入

る程度の大きさです。下ぶくれ型といふかフラスコ型というか、

上の方より下の方面積(容積といった方がよいのかな?)が広い。

私Nもこの手を掘らしてもろうたことがあるのですが、いやあ・・・

苦戦苦戦!底というか床をだしてそこからカベを探していくの

ですが、なかなかカベにぶちあたらない(涙)この辺はホンマは

「図説」したいところで、発掘の経験のない方には「なんのこ

っちゃ??」かもしれませんね。

換言すると(強引に)とにかく「俺、これこんなに掘ってええん

かいな!」という疑心暗鬼状態満載ですわ。

それゆえにカベが無事「こんにちは!」してくれてそこから

上にオーバーハング状の壁面を出していく作業はすこぶる「

快感」どや顔モード前回です。(ちょっと大仰ですね)


縄文時代の冷蔵庫(的なもの)あるいは物置き(的なもの)

に何がどんな風に収納されていたか?そんなことに思いを巡らし

来週もがんばりましょう(笑) 「うん!大詰めだよ!」
[PR]
# by kayabun | 2013-03-01 17:07 | スタッフ日記