茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

続報 西久保遺跡


お宅のスタイル どちらのヘアーサロン?
b0026615_10533582.jpg

数年前の竹宇遺跡調査の時にお目にかかりましたね。でも貴女ヘアースタイル変えたの?
[PR]
by kayabun | 2016-06-24 10:58 | 発掘情報

西久保調査

市内遺跡(西久保)調査速報
人面把手付き土器と思われるものが出土されました。
ご尊顔を拝したいところですが暫しお待ちください。
b0026615_11195187.jpg


立つ鳥後を濁しちゃいました。・・・引っ越しをされた方々が不用な土器を捨てて行かれたのでしょうか。
b0026615_11201034.jpg
b0026615_11202159.jpg

[PR]
by kayabun | 2016-06-21 11:22 | 発掘情報

調査員速報

現在、敷石住居址が密集する地点を調査しています。

敷石住居址とは、文字通り石が敷かれた住居の跡です。縄文時代中期末葉から後期前半にかけて、中部・関東地方でたくさん作られました。

今回お届けするのはPJ-258と名づけられた住居址です。作られた時期は、住居市内に残された土器からみて、縄文時代中期の最終末から後期の頃と考えています。

石は住居の奥壁に残っていました。石は板状の石が多く、床にしていたものだと思います。なぜ石を使ったのかは、恥ずかしながら、今勉強中です。中には、丸い石も残されていて、全ての石が床として置かれたとは限りません。

住居として使われたことは炉があることでわかります。この住居でも炉がでました。炉の横からは木工具である斧に使われた磨製石斧が出土しました。この磨製石斧は、ハンマーに転用されたものかと思います。詳しいことは遺物を洗ってから観察します。

敷石住居址は石を測量して記録した後、石を外して柱を立てた穴を探します。現在盛んに穴を探している最中です。 主任調査員 功刀でした。
b0026615_1423276.jpg
b0026615_14233957.jpg

[PR]
by kayabun | 2016-06-14 14:24 | 発掘情報

発掘作業測量編

作業シリーズⅢ 今回は硬派いや光波測量作業です。
作業員の方々が発掘された遺構状況や発見された遺物の情報を、トータルステーションにて計測し図化する作業です。計測者とミラー係りが一組で作業しますが、ミラー担当には、遺構の型を表現するのに、上端や下端などセンスが求められます。
b0026615_13464348.jpg
b0026615_1347450.jpg

[PR]
by kayabun | 2016-06-01 13:47 | 発掘情報