茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0026615_22395721.jpg

中秋の名月、されどのまさかの台風直撃!せっかくのオルゴールライブに

水をさされた気分満載、過積載でありました。そんな荒天にもかかわらず

多くの方に八代家を訪れていただき感謝感激のNです。ありがとうございました。

私司会進行役をつとめさせていただきましたが、ライブはもちろんその後の

S氏による八代家住宅の説明、及び当時の名主さんたちの年貢納入のお話

もまたみなさまの耳目を満足させるに十分なものであったと確信いたします。
b0026615_22472736.jpg

彼女の歌・・・・改めて最高でした。不覚にも私いろんな思いが錯綜してバック

ステージで泣いてしまいました。親孝行しようと改めて思った次第です(笑)

日本の抒情歌いいですね。ホンマに我々のこころですよ、魂ですね。

オルゴールの音、いいですね。また是非多くのみなさんに体験してもらいたく

第二弾の企画もしたいですね。
[PR]
by kayabun | 2012-09-30 22:53 | スタッフ日記

遺跡でseptember

b0026615_18115484.jpg

といいながら、9月もとっくに終盤。あと一週間で10月なのですね・・・・

現場はやっと秋めいてきました。それに作業の方も大詰めでさらに各員奮闘

しておりますです、ハイ!


いよいよ今週末に迫ってきた「八代家住宅お月見オルゴールライブ」(正確

には来週初頭やけど)、お客様の申し込み状況もええ感じです。やはりテレビ

の影響もおおいにあるけど、一生懸命チラシをまいてくれたり、口コミの勧誘

していただいた皆さん、大感謝のNです!


いつの間にやら、トンボの数がめっきり少なくなった今日この頃・・・一抹

の寂しさとともに灼熱の去ったことに安堵をおぼえまた明日も頑張るのです。 
[PR]
by kayabun | 2012-09-24 18:19 | スタッフ日記

太古の昔よりそびえたる

b0026615_1433248.jpg


今日もあいにくの雨。現場の作業は停滞しています。明日は晴れるでしょう。

写真は現場より仰ぎ見る「甲斐駒ケ岳」やその周辺部の山々。至近距離と

いってもよい仰角!かのミネラルウォーターの「アイコン」とでも言うべき

山として日本全国にその姿を登場させているはずです。古い言い方やけど

「ブラウン管越しに」ね。


私Nもこの山に見守られて思春期を過ごしました。時に憤って時に笑って

・・・・時にときめいて(笑)この山を含む南アルプスの峰峰にその魂

を預けていたと言ってもよい。そんな境遇のティーンエイジ。ああ歳月は

全く人待たずですね。


太古の昔、縄文の人々もこれらを仰ぎ見て生活していた。そこには現代の

我々より遥かに大きな「畏敬=畏怖の念」がこめられていたことは想像に

かたくありません。

わずか30年前にそいつを仰ぎ見て「青き魂」をふるわせていた私。今日

50を間近にして「アホき心根」でこいつを見る私。それが太古の彼ら

と景色を介してつながっている・・・・なんかそんなことがたまらなく

嬉しいNでした。さて!明日も発掘がんばろうぜ。
[PR]
by kayabun | 2012-09-19 14:17 | スタッフ日記
b0026615_112157.jpg

われらが「茅ヶ岳歴史文化研究所」。その名前の由来ともなっているお山、

それが写真の茅ヶ岳です。(正確に言うと正面は金ヶ岳、右側奥が茅ヶ岳)

私Nも数回ここには登っております。最初の登頂は今から30年前の高校生

の時でした。(実家から全行程歩きで行きました。)

決して高い山ではないし、行程もきついことはないんだけどそれゆえ私の

大好きな山でもありマス。かの「日本百名山」の著者、深田 久弥氏の

終焉の地でもあります。秋のころのここは絶品ですよ!お試しあれ。


この裾野に位置する北杜市明野町(旧 北巨摩郡明野村)にも様々な縄文

期や平安期の遺跡が点在しています。今我々がとりかかっている白州町の

堰口遺跡とは異なり、たぶん当時も水の便というか水利にあまりたけては

いなかったであろう立地ですが、中々の遺跡が「出て」おります。

b0026615_1115543.jpg


閑話休題・・・・前回の投稿で詳細を明記させてもらっていますが、繰り返し

「お月見 オルゴールライブ at 八代家住宅」のお知らせをします。

来る9月30日、国の重要文化財である「八代家住宅」の方で16時より音楽

ライブを行います。

諏訪在住の「手回しオルゴールシンガー臼井 則孔」さんを招き素敵な

オルゴールと歌声の流れる癒しの空間を演出したいと思います。

かつて諏訪の地はオルゴールのムーブメントの世界的産地として広く

人口に膾炙しておりました。近年他の音楽媒体の発達によりその普遍性

は若干薄れたとはいえ、あの「懐かしい音」には万人の郷愁をそそる

何かがあります。私Nにとっても、両親に連れて行ってもらった遊園地や

何かを思い出せる魔法ですね、オルゴールは・・・・個人的にも大楽しみ

そして皆様にも超・おすすめなイベントですよ!

まだ若干の空席がありますのでご参加の申し込みお待ちしてます。
[PR]
by kayabun | 2012-09-18 12:05 | スタッフ日記

お月見オルゴールライブ

国の重要文化財「八代家住宅」にて、手回しオルゴールを演奏するコンサートを行います!
b0026615_15125366.jpg

「お月見オルゴールライブat八代家住宅」

日時:平成24年9月30日(日) 16時~
入場料:1,000円(お茶・お団子つき)
内 容:
♪重要文化財八代家をもっと知ろう講座(解説:佐野 隆) 北杜市教育委員会勤務
♪手回しオルゴールライブ(演奏:臼井則孔)
♪臼井さん、佐野さんを囲んで楽しい歓談のひと時

要申込  9月25日〆切 先着50名(定員になり次第締切ります) 

申込方法:お電話・FAX・メールのいずれかでお申し込み下さい。
TEL/FAX:0551-20-2051
e-mail:kayabun@hotmail.co.jp
※お申し込み時に参加者の氏名・人数・連絡先をお知らせください。

出演者:臼井 則孔(うすい のりこ)
プロフィール
手回しオルゴールシンガー(手回しオルゴールを奏で心の原風景を歌う手回しオルゴールシンガー)
信州安曇野穂高出身。諏訪湖オルゴール博物館「奏鳴館」でガイド役を経て、カード式オルゴールで歌うという、世界でただ一人、独自の演奏スタイルを確立。各方面で展開をはじめる。CD(アルバム)も数枚リリースしている。


皆様のお越しをお待ちしています!
[PR]
by kayabun | 2012-09-08 15:17 | イベント情報

大所帯になりました

b0026615_1814756.jpg

堰口遺跡の発掘も大詰めになってきた、われら「かやぶん発掘隊」。

昨日から他現場や内勤のスタッフも動員して、一気に作業にあたって

おりマス。

俺=N的にもいろんな面で忙しくなってきてるけど、そこはファイトで

乗り切っていきまっせ!今後涼しくなっていくでしょうしね。


今日は午後ゲリラ的雨にみまわれましたが、そこは待機・・・その後

雨も上がって無事作業を完遂することができました。

人数が多いので遺構もガシガシ出てきます。それに十字状にセクション

ベルト残して、掘り下げていってます。近日中に写真もアップします

ね・・・・

(今日の写真は無関係な「ヒマラヤの青いケシ」です・・・綺麗でしょ)
[PR]
by kayabun | 2012-09-06 18:10 | スタッフ日記