茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

北杜市の姉妹都市、ケンタッキー州マディソン郡ベリア市の訪問団を歓迎する会が10月12日、スパティオ小淵沢で開かれ、アトラクションとして当法人のこども神楽に出演の依頼がありました。
外国の人に日本の文化を伝えたくてお神楽を始めたという男の子の、夢を叶える絶好のチャンスだと思いました。せっかく外国の方たちに見ていただくので生の楽(がく)の方が良いだろうと、三嶋神社神楽保存会の方たちに楽をお願いしました。面を付けて舞っている時は楽の方々のような年配の男性が舞っていると思って見ていた会場の皆さん。面を取ると中学生の少年だったのでサプライズだったみたいです。本人の希望で、英語で感想をスピーチしました。その後一緒に記念撮影をしたい人たちに囲まれ、ひっぱりだこでした。
b0026615_8595563.jpg

[PR]
by kayabun | 2011-12-08 11:07 | 子供神楽教室

八代家で夏のつどい

b0026615_915353.jpg去る8月21日(日) 重要文化財八代家住宅で、夏休みに親子で楽しめるイベントとして「八代家で夏のつどい」を開催しました。
 あずきほうとう作り体験をやり、ほうとうが煮えるのを待っている間に、八代家を見学したり、ちょっと怖い話や手品を見たりしました。
 なぜ、夏の暑い時期にほうとう?と思う人もいると思います。みそで煮込んだほうとうは日常たべられるものですが、これに対して、農繁期の労をねぎらって出されるごちそうの一つに小豆の汁で煮込んだ小豆ぼうとうがあります。
 お赤飯にも用いられるように、小豆は五穀の中でも赤い色をもつ唯一のもので、おめでたい色、また、邪気をはらい厄除けの力を持つものと考えられていました。そんなことも、参加者の皆さんに知っていただくために、小豆ぼうとうにちなんだ話しを聞きながら小豆ぼうとうをいただきました。はじめて食べる方も多く、「想像していたよりもおいしい。」と言って召し上がっていました。
b0026615_944668.jpg

[PR]
by kayabun | 2011-12-07 11:10 | 八代家住宅活用事業