茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0026615_931759.jpgいつもは、先生と参加の子ども達で、クイズやゲームを通して楽しく手話を学んでいる「手話教室」。今日は、初めてゲストの方がいらっしゃいました。手話通訳でもある先生のお知り合いの、耳の聞こえない女性です。とても笑顔が素敵な、2人のお子さんのお母さんでした。
その方の自己紹介の手話を理解しようと、皆、いつになく真剣な表情です。


b0026615_932758.jpg自己紹介の中には、どうして耳が聞こえなくなったか、自分が耳が聞こえないことにいつ気付いたか、聾学校でどのような生活を送ったかなど、小さい頃からの話を、紙芝居と手話を使って説明してくれました。
それから、子ども達は、前回までに練習した手話で、自己紹介と趣味や得意なことなどを、ゲストに伝えました。

今までは、楽しくゲーム感覚で学んでいた手話。
それが、実際に、耳の聞こえない人との会話に使え、通じ合えた時、また違った側面が見えてきたと思います。
ゲストの方もおっしゃっていましたが、手話を学ぶことは、耳の聞こえない人とコミュニケーションをとるためだけでなく、他者に自分の思いをいかに伝えるか、という術を学ぶことに繋がるかもしれません。
子ども達も、きっといつか、その大切さに気付いてくれると思います。
[PR]
by kayabun | 2010-11-24 19:46 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ
b0026615_1444844.jpg「みんなの畑」で作った陸稲(おかぼ 畑で作る米)が、見事に小さな束2つ分(笑)、収穫できたので、おむすび作りのイベントをしました。
2束分ではもちろん少ないので、畑作り協力隊の方の収穫分も分けていただきました。
大切な大切な2束は、脱穀からスタート。
千歯扱きで脱穀しました。


b0026615_14494585.jpgおむすび以外にも、浅尾大根など、季節の地元野菜たっぷりのけんちん汁を作ります。
野菜の切り方は先生に教えていただきました。
具は、大根・にんじん・じゃがいも・ごぼう・豆腐・油揚げ。出汁は煮干でとりました。



b0026615_14513642.jpg2つのカマドを使い、1つで陸稲を炊き、もう1つでけんちん汁を作りました。
お家のコンロもガスコンロからⅠHに変化している時代。火を見ることが滅多に無い子も中にはいます。男の子達は、やっぱり火が気になる様子。


b0026615_1454495.jpg炊いている最中、羽釜から漏れてくる音や香りに、否が応にも食欲が刺激されます。
こちらが炊き上がった陸稲です!
お米が立っていて、美味しそうでしょ?
この陸稲はうるち米。もち米もちょっと入れたので、もちもちした食感になりました。


b0026615_14583465.jpg炊きたてごはんを、頑張って握りました。
シンプルに、塩むすびに。
食べられるまで、あともう少し。
がんばれがんばれ!



b0026615_1503317.jpgじゃーん!
こちらが完成した、陸稲おむすびとけんちん汁です!
とっても美味しくできました。
一番下は、先生が作ってきてくださった煮物。
ごはんにお汁におかず・・・もう昼食は完璧です。
お日様の下、みんなで美味しくいただきました。
[PR]
by kayabun | 2010-11-20 14:10 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

須玉小4年生 見学

b0026615_1147225.jpg今日は、須玉小学校4年生のみんなが、資料館に見学に来てくれました。まずは2階の常設展示室で朝穂堰のお勉強。工事に使われただろう道具や、堰ができたことによる水田面積の増加を表す地図を見て、みんな驚くばかり。自分達の住む町から始まる朝穂堰が、どれだけの土地を潤してくれているか分かったかな。


b0026615_11493032.jpg続いて、1階に移動して、昔の暮らしの道具について、楽しくゲーム形式でお勉強。
まずは、企画展「装いの民俗」で展示されている、洗濯機・電気アイロン・鏡台を見ました。
その後、復元民家に移動し、それらと同じ用途の、もっと古い道具を探しました。

みんな頑張って探しあてました。それから、他の昔の道具についても、いろいろお勉強。へぇーって思うものや、おばあちゃんが使ってる!というものまで、たくさんの発見があったようです。
[PR]
by kayabun | 2010-11-09 12:02 | 歴民・埋文だより

みたらし団子作り

b0026615_1325435.jpg今日のドキドキ!!まいぶんシリーズではみたらし団子を作りました。お団子は、白玉粉と上新粉だけのプレーンのものと、カボチャ・牛乳を入れたものの2種類を作りました。
カボチャは「みんなの畑」で採れたカボチャです。
水を加えて、耳たぶくらいのかたさになるまで練ります。それから団子状にして茹で、茹で上がったら水にさらします。


b0026615_13361640.jpg砂糖・しょう油・片栗粉でみたらしの餡を作り、竹串に3つずつさしたお団子にとろりとかけます。そうして、出来上がり!
餡の味もちょうどよく、お団子はもっちりしていて美味しかったです。
[PR]
by kayabun | 2010-11-05 20:24 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ
b0026615_14312186.jpg本日より、明野歴史民俗資料館第15回企画展「装いの民俗」が始まりました。
前回の「食の歳時記」に引き続き、今年度は、ケの日(=日常)の民俗について企画展を行います。
本企画展では、昭和初期頃までの、仕事着を中心とした装いの民俗について、衣服だけでなく、それに関わる民俗(裁縫、洗濯、アイロン等)についてもご紹介します。





第15回企画展 「装いの民俗」
期間:平成22年11月1日(月)~平成23年2月28日(月)
※土日祝日及び12月28日~1月4日は休館
時間:午前9時30分~午後5時(ただし、入館は午後4時30分まで)
入館料:無料
問合せ:かやぶん 0551-25-2019

文化の秋、ぜひ資料館にお越しください。
展示の様子については、また改めてお伝えします☆
[PR]
by kayabun | 2010-11-01 10:18 | 歴民・埋文だより