茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第1回 こども神楽教室

今年も「こども神楽教室」が始まりました!
最初の2回が楽(篠笛・太鼓)の練習で、その後の8回が舞の練習になります。

b0026615_11564245.jpg楽の練習では、昨年度に引き続き「竹林」の練習をします。今年は、去年より長いフレーズを演奏することが目標です! 今年は、初めて参加するお友達が2人いて、おそらく「竹林」をきちんと聴いたことがないと思うので、まずは先生にお手本を演奏してもらいました。ベテランさんには「四方の舞」を舞ってもらいました。


b0026615_1318132.jpgその後、先生に教えてもらいながら、それぞれ篠笛と太鼓の練習をしました。去年はなかなか篠笛の音が出せなかった子も、今年は音が出るようになったりと、一年の成長を感じました。次回の練習の最後には、子ども達だけでどこまで演奏できるか楽しみです!
[PR]
by kayabun | 2010-10-30 14:55 | 子供神楽教室

明野小5年 脱穀体験

b0026615_14305880.jpg今日は、明野小5年生が脱穀体験をするというので、田んぼにお邪魔してきました。
歴民から千歯扱きも出張したので、みんなの体験が始まる前に、千歯扱きや足踏み脱穀機の歴史について、お話をしました。
千歯扱きは、江戸時代前期~中期頃に、それまでの脱穀道具「コバシ(扱き箸)」に替わって登場した道具です。


b0026615_14345825.jpgこちらは、足踏み脱穀機と千歯扱きの競演。
足踏み脱穀機は明治時代末に開発され、千歯扱きより、一度にたくさん、しかも簡単に脱穀できるので、広く普及しました。
その後、動力付脱穀機、ハーベスター、コンバインなどと脱穀機は変遷していきます。
体験により、それぞれの道具の方法や力の入れ方、大変さなどを実感できたら嬉しいです。
[PR]
by kayabun | 2010-10-19 14:51 | 歴民・埋文だより