茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0026615_1444524.jpg明野町の6つの神社で、現在も継承され、春の祭りで奉納されている「お神楽」。
伝統芸能が抱える後継者問題を、明野町の神楽保存団体の多くも抱えています。
そこで、6団体が参加して「明野町民俗芸能保存会」が今年春に設立されました。
「明野町民俗芸能保存会」では、芸能の技を磨き、後継者を発掘・育成するために、年に一度研修会を開催することになりました。
今回が、その記念すべき第一回です。



「明野町民俗芸能保存会」では、市民の皆さんにも広く神楽について知っていただきたい、という想いから、公開の形で研修会を開催することにしました。
祭りで、一日かけて奉納される舞の多くを、それぞれの神楽保存団体が担当し、舞を披露します。6つの神楽保存団体が一堂に会して舞を披露することは、滅多にありません。

平成15年に開始し、8年目を迎えた「こども神楽教室」の子ども達も、舞を披露させていただきます。

舞の競演をぜひご覧ください!


明野町民俗芸能保存会 第一回伝統芸能研修会
「明野のお神楽」

日 時:平成22年10月24日(日) 午前10時~午後3時半
    (休憩時間:12時~12時40分)
    ※開催時間中、自由に出入りが出来ます。
    ※休憩時間に食事をとれる部屋があります。(販売はありません)
場 所:明野総合会館 多目的ホール
入場料:無料

問合せ:かやぶん(明野町民俗芸能保存会 事務局) 
     0551-25-2019

     ※当日のお問合せのみ 明野総合会館 0551-25-3285
[PR]
by kayabun | 2010-09-21 15:37 | イベント情報

かぼちゃ 茶巾作り

b0026615_113911.jpg今日は、「みんなの畑」で採れた3種のかぼちゃを使って、茶巾作りをしました。
(かぼちゃの写真を撮り忘れてしまいました。また今度載せますね)
まず、切って、種やワタをとって、それから蒸かします。蒸かしたかぼちゃを潰して、砂糖と混ぜ合わせて丸めておきます。


b0026615_11402244.jpg今日は2種類の茶巾を作りました。
1つは、黒すりごま(黒ごまも、去年「みんなの畑」で収穫したもの。炒ってすると、すごく良い香りが立ちこめました)とごま油を、こしあんに合わせた餡を包んで絞ったもの。
もう1つは、煮豆を包んで絞ったもの。


b0026615_1353484.jpgこんなにきれいな茶巾ができました。
かぼちゃに混ぜる砂糖は少なめにしたので、かぼちゃ自体の甘みが分かり、とても美味しかったです。2種類とも大好評。
かぼちゃの種類によって、その味わいや質感が違い、おもしろかったです。
[PR]
by kayabun | 2010-09-14 19:46 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

紙すき体験

b0026615_141593.jpg今日は紙すき体験をしました。
身延町の西嶋和紙の里から、職人さんが講師として来てくださいました。
まずは、紙の原料について説明していただきました。写真で講師の先生が持っているのが、紙の原料である「楮(こうぞ)」です。


b0026615_1444383.jpgまずは、画用紙大の大きさの和紙を漉きます。
漉いた紙には色のついた原料で絵や文字を書いたり、折り紙や押し葉を載せて、オリジナルの和紙を作ります。



b0026615_1481028.jpg次は、ハガキの大きさの和紙を、一人2枚ずつ漉きました。
こちらの原料は楮でなく、書道用紙などに使われる、藁などを原料とした溶液です。
楮よりしっかりとしていて、色も白くみえます。


出来上がった和紙の写真は、また次回のかやぶんニュースに載せますね。
[PR]
by kayabun | 2010-09-11 14:07 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

聖心女子学院6年生 

b0026615_9152353.jpg埋文には、今日も縄文体験をしに子ども達が来てくれました。北杜市に移動教室で来ている、東京の聖心女子学院小学校6年生が、土偶作りを体験しました。
聖心女子学院の体験は、一昨年の土鈴作り、昨年の勾玉作りに引き続き、3年目です。

屋外の作業で大変でしたが、みんな、かわいい土偶を仕上げてくれました。


b0026615_9233368.jpg6年生は2クラスあるので、1クラスが土偶作りを体験している間、もう1クラスは展示室の見学をしました。土偶や、土器の縁についた人面を中心に解説を受けました。

移動教室最初の体験が、こちら埋文センターだったようです。今日からの4日間、山梨を楽しんでもらいたいです。
[PR]
by kayabun | 2010-09-07 13:38 | 歴民・埋文だより
b0026615_16142722.jpg今日は、明野小6年生が火起こしと土偶作り、2つの縄文文化体験をしに来てくれました。
こちらは、火起こし体験の様子。
舞ぎり式の火起こし道具で挑戦しました。
火を起こすのは本当に大変な作業。
煙が出たペアはいくつかありましたが、火を起こせたのは1ペアだけでした!


b0026615_16385254.jpgこちらは、土偶作りの様子。
最初に、土偶についてお勉強をしてからスタートです。
土偶の頭部分を中空の状態で作り、その後、髪の毛をつけ、最後に髪の模様や顔を描き入れます。
本物の土偶の髪型や顔を参考にしながら、みんな、個性的な楽しい土偶を作ってくれました。



b0026615_1641370.jpgこちらが、完成した土偶の一部です。
埋文センターのマスコット、平林遺跡出土の人面把手付土器の顔、通称「まるめちゃん」を作ってくれた子もたくさんいました。
ぜひ、お家に飾ってもらいたいです。
[PR]
by kayabun | 2010-09-06 16:45 | 歴民・埋文だより