茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

八ヶ岳ジャーナル

明野歴史民俗資料館第14回企画展「食の歳時記」について、
八ヶ岳ジャーナルに取り上げていただきました。
本紙に先立ち、ホームページに記事が掲載されています。
ぜひ、お読みください!

記事はコチラ
[PR]
by kayabun | 2010-07-30 15:53 | スタッフ日記
みなさん、こんにちは。
暑い毎日が続いていましたが、今日は、ちょっと休憩という感じで、涼しい風が館内を吹き抜けています。

夏休み期間中は、通常のドキドキ!!まいぶんシリーズの放課後体験教室はお休みで、スペシャルイベントを2つ予定しています。

8月 1日(日) ミニチュア縄文土器作り
8月14日(土) 体験発掘


どちらも、既に申込みが定員に達しました。
たくさんのお申込み、ありがとうございました!

埋文・歴民は、来月22日(日)まで無休で開館しています!
歴民では、第14回企画展「食の歳時記」も開催しておりますので、
ぜひこの機会にお出掛けください♪

[PR]
by kayabun | 2010-07-29 09:07 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ
b0026615_16545497.jpg昨年に引き続き、明野に寮がある、東京女子学院高校の1年生のお姉さん達が、「みんなの畑」に収穫体験に来てくれました。
まずはじめに、畑作り協力隊の方から、この畑の目指していることや、植えられている作物の種類の説明をしていただきました。
その後、早速収穫スタート!


b0026615_1704877.jpg収穫したのは、じゃがいも5種・ミニトマト・ナス・枝豆。
じゃがいもと枝豆は調理して、早速試食をしました。
「ファーストフード店のフライドポテトより美味しい!」
「冷凍の枝豆と味が全然違う!」
などの感想が聞こえてきました。
人の手により育てられ、収穫される作物、というのを、肌で感じてもらえたかな。
立っているだけでクラクラするような暑い日でしたが、みんな頑張って収穫をしてくれました。
最後には、お楽しみのスイカ割りをしました。

昨年の体験の様子はコチラ
[PR]
by kayabun | 2010-07-26 16:46 | 歴民・埋文だより
b0026615_942581.jpg今日は、韮崎市民俗資料館における、縄文王国山梨の巡回イベントでした。
館内で縄文服体験と縄文クイズ、屋外で弓矢体験と石器体験、火起こし、縄文染め、蔵屋敷の中で土偶作りを体験できました。
こちらは、いつも人気の弓矢体験の様子。


b0026615_9485150.jpgこちらは、火起こし体験の様子です。
気温がすごく高かったので、屋外での体験は小さな子ども達にとって大変かな、と思ったのですが、みんな暑さに負けず、イベントを楽しんでくれました。
火起こしは、子ども達だけでなく、お父さんが熱中するご家族も多かったです。自分の力で火を起こせた時は、すごく嬉しかったよね!



b0026615_9522453.jpgこちらは、縄文染めでみんなが作ってくれたバッグです。今回はドングリを使用。きれいな濃い色が出ました。参加者それぞれが絞りをつけて、格好いいバッグを作ってくれました。

次回の巡回イベントは、来年1月に釈迦堂遺跡博物館で開催する予定です。
[PR]
by kayabun | 2010-07-25 16:06 | 縄文王国山梨
本日より、来月22日まで、明野歴史民俗資料館・北杜市埋蔵文化財センターは無休で開館します。普段、土日祝日が休館日でご迷惑をお掛けしておりますが、ぜひこの機会にご見学にいらしてください!

夏季無休期間 平成22年7月22日(木)~8月22日(日)


縄文王国山梨スタンプラリーもやっています!
ぜひ、スタンプを押しに来てください☆
くわしくは、コチラをご覧ください。

今度の日曜日25日には、縄文王国山梨巡回イベントin韮崎市民俗資料館に、埋文も参加してきます(埋文・歴民は開館しています)。午前10時から午後3時までやっていますので、お近くの方は、ぜひ遊びに来てください!
くわしくは、コチラをご覧ください。
[PR]
by kayabun | 2010-07-22 09:00 | 歴民・埋文だより
b0026615_10592439.jpg19日(月・海の日)、毎年恒例、夏休み自由研究プロジェクトの合同プレゼンに、埋文・歴民も参加してきました。
今年は、21の県内のミュージアムが参加しました。
それぞれのミュージアムが、趣向をこらしてお出迎え。
自由研究のヒントになるものが見つかったかな?
埋文・歴民のブースでは、おなじみの民具クイズと、縄文土器の網代痕をフェルトで再現する「縄文のあみもの体験(コースター作り)」を体験できました。


b0026615_116233.jpg「縄文のあみもの体験」では、5色のフェルトから好きな色2色を選び、見本を参考にして編んでいきます。
「網代痕(あじろこん)」とは、縄文人が土器を作る時に土器の下に敷いた布(これを「網代」と呼びます。竹などの植物を薄くしたものを編んだと考えられています)の編み目が、土器の底に痕としてうつったもの。
縄文人がどのような編み方をしていたかが分かります。


「縄文のあみもの体験」は特に人気で、途中で予約を打ち切りにさせていただきました。長時間お待たせしてしまったお客さんもいて、申し訳なかったです。
夏休み期間中は、どこのミュージアムも、楽しい企画満載です。
ぜひ、お出掛けください。
[PR]
by kayabun | 2010-07-21 11:22 | イベント報告
b0026615_855915.jpg今日は「みんなの畑」での収穫祭でした。
今年は、種まき直後が涼しかったので、作物の成長は少し遅めです。
今日の収穫のメインはミニトマトと枝豆、ナスタチウムと各種じゃがいも。
こちらはミニトマトを収穫している様子。
棚の一番上までしっかり伸びているので、これからどんどん収穫できるはずです。


b0026615_858242.jpgこちらはじゃがいもの収穫の様子。
今年はなんと、5種類のじゃがいもを植えました。おなじみの男爵いもに始まり、北海黄金、大白(たいはく)、シャドークイーン(濃い紫色)、ノーザンルビー(赤紫色)という5種類。
掘るたびに、違う色のじゃがいもが土の中から顔を出します。


b0026615_93557.jpg収穫した野菜は、さっそくいただきます!
写真は、5種類のじゃがいもを全て茹でたもの(じゃがいもの色が鮮やかでしょう?)と、ナスタチウム。ナスタチウムは食べられる花です。花びらを食べると、とってもスパイシー。サラダに合います。

その他に、茹でた枝豆と、揚げたシャドークイーン・ノーザンルビーも食べました。どれも美味しかった!
[PR]
by kayabun | 2010-07-20 19:38 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

茶道教室~お茶会~

b0026615_11425963.jpg今日は、5月から連続して実施していた茶道教室の最終回。
お点前の総復習も兼ね、お茶会を開きました。
お天気が良かったので、中庭の桜の木陰の中で、野点をしました。参加者のひとりは、夏らしく浴衣を着てきてくれました。


b0026615_11465041.jpgお茶会には、茶道教室の子ども達以外にも、そのお友達やご家族も来てくれました。
浴衣を着てきてくれた女の子は、おばあちゃんも茶道をやっていらっしゃるそうで、おばあちゃんにお点前を見てもらうのを目標に頑張ってきました。美味しいと言ってもらえて、とても嬉しそうでした。
[PR]
by kayabun | 2010-07-17 13:42 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ
b0026615_13293827.jpg今年も、縄文王国山梨のスタンプラリーが始まります!
いよいよ明日からスタートです☆(北杜市埋蔵文化財センターは土日祝日休館なので、20日からスタンプ押印をスタートします)
8館巡ると、本物そっくりのミニチュア縄文土器が、抽選で50名の方にあたります。
その他、4館目では、それぞれの館でお楽しみプレゼントを用意して待っています。
夏休みなどを利用して、ぜひ縄文王国各館を巡ってみてください!


縄文王国山梨スタンプラリー2010
期間:7月17日(土)~12月26日(日)

(北杜市埋蔵文化財センターは、7月22日~8月22日は無休で開館しますので、ぜひその間にお越しください☆)

詳細やスタンプラリー台紙のダウンロードは、
こちらの山梨県立考古博物館のウェブサイトへ。
スタンプラリー台紙は、縄文王国山梨各館にも設置してあります。

縄文王国山梨ブログも、ぜひご覧ください☆
[PR]
by kayabun | 2010-07-16 13:41 | 縄文王国山梨

水鉄砲作り

b0026615_13103877.jpg今日のドキドキ!! まいぶんシリーズでは、夏にぴったり「水鉄砲作り」をしました!
講師の先生が竹を準備してくださいました。
まずは、竹をノコギリで切ります。
底を残す方は、節の際で切る必要があるので、硬くて大変だったのですが、みんな自分の力で切ることができました。


b0026615_1316357.jpg竹を切った後は、底に錐(キリ)で穴を開けます。
ここから水が出る仕組みですが、穴が大き過ぎても小さ過ぎてもいけません。みんな、集中して錐を使いました。ノコギリも錐も、子ども達にとっては、普段あまり使わない道具だと思いますが、さまになっていて、上手に使いこなしていました。
穴が開いたら、竹筒に差し込む木の棒に、布を巻き付けて太さを調整します。


b0026615_1318308.jpg完成したら、早速遊んでみました!
デッキに出て、林に向かって水を飛ばします。
バケツの中で水をざーっと入れ、穴からこぼれないよう、素早く狙いを定めて棒を差し込みます。すると、きれいな弧を描き、水が飛びました。みんなで的を決めてうったり、とても楽しみました。
[PR]
by kayabun | 2010-07-15 19:46 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ