茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0026615_16183578.jpg

今日は、縄文王国山梨のバスツアーでした。
山梨県立考古博物館→南アルプス市ふるさと文化伝承館
→北杜市埋蔵文化財センターの行程。
縄文王国山梨としては3回目のバスツアーですが、埋文に巡ってくるのは初。
かやぶんからも、スタッフが1名、バスに同乗して全館回りました。


b0026615_16214124.jpgまずは、考古博物館の見学。
山梨県内の旧石器時代から明治時代までの歴史について、学芸員が展示を案内しました。
バスツアーに参加者は、考古学に興味を持たれている方ばかりなので、皆さん、熱心に聞き入っていました。
その後、企画展「表門郷ものがたり」も見学。


b0026615_16265095.jpg今回のバスツアーでは、見学だけでなく、各館で体験プログラムが用意されています。
考古博では、「古代の衣装を着てみよう」ということで、古墳時代の女官や役人の衣装など、ご希望の方に着ていただきました。
試着することで、衣装の仕組みも分かり、記念撮影をする頃には、すっかり古代人の気分!?



b0026615_16291698.jpg続いては、南アルプス市ふるさと文化伝承館へ移動です。車内でも、もちろん学芸員達の熱い(?)解説を聞くことが出来ます。
鋳物師屋遺跡などを車内から見学しながら、伝承館に到着しました。
伝承館に展示されている鋳物師屋遺跡出土の土偶(重要文化財)は、現在は東京国立博物館に出張中です。(写真に写っているのはレプリカ。東京の前は、イギリスの大英博物館に出張していました!)


b0026615_1732340.jpg伝承館の体験プログラムはもりだくさん!
こちらは、バックヤード見学の様子。普段は見られない、館の裏側を覗けちゃいます!
写真は、整理作業室の風景。遺跡で出土した遺物が、どのような過程をたどって記録に残され、保存されていくか、お話を聞きました。


b0026615_1751383.jpgお昼の時間を伝承館で迎えたので、お弁当タイム。
皆さん、持参したお弁当を、楽しそうに広げていました♪
お弁当タイムにも、縄文を体験。
縄文土器で作った「縄文鍋(写真上)」(ハマグリ入り! 海産物であるハマグリの貝殻が、釈迦堂遺跡で出土しています!)と、「縄文クッキー(写真下)」のおふるまい。
どちらも美味しかった!



b0026615_1775870.jpg最後は、北杜市埋蔵文化財センター。
まずは、「古代の音色コンサート」をロビーで聴きました。この「古代の音色コンサート」シリーズも、縄文王国山梨で実施しているもので、構成館8館で、様々な演奏家をお招きしてコンサートを開いています。

今日は、ギタリストの矢島たかしさんとお仲間のユニット「あまうつし」さんによるコンサートでした。ギターの旋律と、縄文らしい太鼓や様々なパーカッションの音色、伸びやかな歌声、幻想的な踊り・・・全てが相まって、縄文の祭祀を思い描けるような公演でした。


b0026615_17165299.jpgバスツアー最後は、埋文センターの見学。
八ヶ岳南麓の縄文時代について解説を聞きました。埋文センターでは、人面や動物・植物がついた土器、土偶のテーマ展示もしています。



内容もりだくさんのバスツアーでしたが、楽しんでいただけたでしょうか?
バスツアーは今回が最後ですが。これをきっかけに、色々な館を見学していただけたら、と思います。
[PR]
by kayabun | 2010-01-31 17:16 | 縄文王国山梨

蕎麦うち体験

今日の「ドキドキ!! まいぶんシリーズ」では、蕎麦うち体験を行ないました。

b0026615_9482157.jpg今回は、1人分が蕎麦粉100グラム・小麦粉25グラムの二・八蕎麦を作ります。
まずは、鉢の中で蕎麦粉と小麦粉をあわせ、水を加えていきます。そして、指先でホロホロとなるように、よく「ほろげ」ます。それから、だんご状になるまで、まとめていきます。


b0026615_9525416.jpg5人分を1つの班で作りましたが、こねるのは大体300~350回。1人が80~100回こねる計算になります!
こねて、丸くまとまったら、のし棒でのばしていきます。1つの方向に3回押しのばして引いたら、向きを変えて、同様に3回押しのばします。最初は円形だった生地が、この作業をすることで、四角形になっていきます。


b0026615_9555588.jpgのし板いっぱいに生地が広がったら、折って、包丁で切っていきます。
板を包丁で押しながら、均一の細さに切っていくのは難しい。蕎麦は乾燥が大敵なので、時間との勝負でもあります。みんな、頑張って、手際よく切っていきました。


b0026615_9572549.jpg切り終わった蕎麦がこちら。
とても、きれいですよね?
二・八蕎麦ですが、プツプツ切れることもなく、とても滑らかです。
グツグツ沸いたたっぷりのお湯で、さっと茹でて出来上がり。


b0026615_9583612.jpgこちらは、「みんなの畑」で採れたサツマイモなどの天ぷら。
「ドキドキ!! まいぶんシリーズ」をいつも手伝ってくれるスタッフの方が、朝早くから揚げてくれました。天ぷらの登場に、子ども達も大喜び。



b0026615_9594879.jpg茹で上がったら、早速試食。
自分達で作ったできたてのお蕎麦と天ぷら。
美味しくないはずがありません!
コシがあって、ちょっと大人向けの口当たりだったかもしれませんが、みんな美味しそうに、たくさん箸をのばしていました。
[PR]
by kayabun | 2010-01-23 14:15 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ
b0026615_11175423.jpg昨年から募集をしている「ほくと市 もっと知ろうカルタ」ですが、15日に作品募集の第一次締切を迎えました。
応募状況は、絵:15作品、読み句:71作品の応募がありました!
未就学児の子から80代の方まで、幅広い市民の皆さんからご応募いただきました。
白州中学校は学校の授業で取り組んでくれ、たくさん応募してくれました。
ご応募いただいた皆さん、本当にありがとうございます。第一次締切までにご応募いただいた作品の何点かを、近日上にかやぶんウェブサイトで公開いたします。

第二次締切は、3月12日(金)となります。
みなさん、どうぞ奮ってご応募ください!
※北杜市民以外の方も応募できます。

募集の詳しい内容や、応募用紙のダウンロードはコチラから。
[PR]
by kayabun | 2010-01-19 11:28 | もっと知ろうカルタ
b0026615_9244496.jpg今日は、今年初めての「こども神楽教室」の練習日でした。
こちらは、前回に引き続き、「四弓の舞」の練習の様子です。今日は、4人全員揃って練習をすることができました。写真は、弓を射る前に、中心に全員が集まる様子です。


b0026615_9312779.jpgこちらは、「須佐男命の舞」の練習の様子です。
練習している子は、まだ経験が短く、一人舞は今回が初めてですが、先生からも「どんどん上手くなっている」と太鼓判を押してもらいました。
発表会や例大祭で、自信を持って堂々と舞えるよう、頑張って練習していこうね。
[PR]
by kayabun | 2010-01-16 12:45 | 子供神楽教室

明野のおやなぎさん

b0026615_15312974.jpg明野では現在、小正月に立てられた「おやなぎさん」が、美しくそびえ立っています。
今年、町内では6本の「おやなぎさん」が立ちました。
こちらは、小笠原地区の「おやなぎさん」。
左に見える石造物が道祖神です。





b0026615_15331823.jpgこちらは、上神取地区(下)の「おやなぎさん」。
組の戸数分のおやなぎが竹で作られ、色紙や子ども達の習字で飾られます。
先には、「さるぼこ」と呼ばれる人形が付けられます。
小正月から1週間経った日に倒され、各家はおやなぎを持ち帰り、くるりと丸くして屋根に上げます。
そして、一年の無病息災を祈ります。
[PR]
by kayabun | 2010-01-15 15:40 | スタッフ日記

小正月行事

b0026615_10531136.jpg11日成人の日には、北杜市内各地で、小正月行事が行なわれました。見学させていただいた2つの行事について、ちょこっとご紹介。

こちらは、白州町下教来石の獅子舞。
下教来石保存会の皆さんが、「幕の内」と悪魔祓いの「剣の舞」を、神社、道祖神社、寺、橋の上、そして区全戸で舞います。午前3時半に集合して、日の出前から舞い始め、夕方までかかって全戸回ります。


b0026615_1142396.jpgこちらは、高根町海道の小正月行事です。
海道の道祖神は、丸石で、とても立派な石造物。
この道祖神をすっぽり覆うように御仮屋を作ります。
夜には、その御仮屋をお若い衆が担いで集落内を練り歩き、慶事があったお家には練り込み、最後は田んぼの所で御仮屋を燃やし、その火でどんど焼きをします。


これら2つの行事についての詳細は、かやぶんかわら版の次号、58号でご紹介します。どうぞ、お楽しみに!
[PR]
by kayabun | 2010-01-13 11:31 | スタッフ日記
b0026615_9132425.jpg

寒い日が続きますが、冬晴れで、八ヶ岳や茅ヶ岳がとても美しく見えます。
まだ雪もないので、ドライブがてら、埋文・歴民に遊びに来ませんか?
縄文王国のスタンプラリーも実施中です!

今度の3連休(9日~11日)には、峡北地方の多くの地区で、小正月行事が行なわれます。1年の、農の実りや家の繁栄への祈りを込めた小正月行事。
峡北地方の小正月行事では、特徴的な作り物を作る地区も多いので、今からとても楽しみです。

1月 ドキドキ!! まいぶんシリーズ
15日(金) 17時~19時 囲碁にチャレンジ!
18日(月) 17時~19時 茶道教室
23日(土) 10時~12時 そばうち体験
28日(木) 17時~19時 手話をやってみよう♪
お申込み かやぶん 0551-25-2019
[PR]
by kayabun | 2010-01-08 09:18 | スタッフ日記
新年あけましておめでとうございます

本年も、埋文と歴民、そして私達かやぶんを、どうぞよろしくお願いいたします。
平成22年最初のかやぶんのお仕事をいくつかご紹介。

◆「ドキドキ!! まいぶんシリーズ」 1月のスペシャルイベント
1月23日(土)10:00~12:00 そばうち体験
「みんなの畑」で採れた蕎麦を使って、そばうちをします。
同じく畑で採れたサツマイモなどを揚げて、天ぷら蕎麦にしますよ!

◆縄文王国山梨 スタンプラリー
スタンプラリーの締切は、2月28日(日)です。
今からでも、十分8館を回れますよ!
各館とも、景品のミニチュア縄文土器作りを頑張っています!

◆「こども神楽教室」
暮れから、舞の練習に入っています。1月には2回、2月には4回練習します。
今年の舞は、「須佐男命の舞」・「猿田彦命の舞」・「神の舞」・「四弓の舞」の
4つです。

◆「見るだけじゃもったいない! 重要文化財『八代家住宅』」
今年度の八代家住宅活用イベントは、全3回を終えましたが、
1・2月には、文化財建造物巡りの時に使える小冊子を作ります。
小冊子作りをお手伝いしてくれる「八代家住宅サポーターズ」を随時募集しています。ご興味ある方は、かやぶんまでご連絡ください。

◆「ほくと市 もっと知ろうカルタ」作品募集
引き続き、絵札の絵、及び読札の読み句を募集しています。
第1次締切は1月15日(金)、第2次締切は3月12日(金)となります。

募集の詳細は、コチラをご覧ください。

お問合せ・お申込みは、かやぶん0551-25-2019まで。

今年も、「かやぶんニュース」をどうかご愛読ください!
[PR]
by kayabun | 2010-01-05 09:38 | 歴民・埋文だより