茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー

<   2009年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

こども神楽教室 舞⑦

b0026615_11281329.jpg今日は、「須佐男命(すさのおのみこと)の舞」グループのラストの練習日でした。
残す練習は、全体リハーサルのみ。
自信のない箇所をしっかり覚えなくてはいけないので、いつもより多く練習をしました。


「須佐男命の舞」グループは、神楽教室3年目以上の子ばかりなのですが、先生が、「それぞれの舞の個性が出てきたね」とおっしゃっていました。
まだ3年。されど3年。経験の証ですね。
[PR]
by kayabun | 2009-02-28 15:42 | 子供神楽教室
b0026615_13313014.jpg明野小5年生の、米作りについて調べているグループの子ども達が、歴民に勉強に来てくれました。明野小では5年生の時に、一年かけて、自分達で田植えや刈り取りをするなど、米作りについて体験学習をします。
学習の中で、米作りに使われてきた道具や、農業にまつわる行事のことなどについて調べ、その中で出てきた質問をしに、歴民に見学に来てくれました。
みんな、「お筒粥の神事」の話や、「スケート下駄」に興味津々でした。

米作りを通して考えたこと、感じたことをいろいろと教えてくれ、体験学習の中で得られたことが身に付いているなぁ、と感じました。
[PR]
by kayabun | 2009-02-27 13:49 | 歴民・埋文だより

茶道教室

b0026615_10312679.jpg今年度から新しく始めた子も、一年近く体験してきたことで、一通りのお点前をできるようになりました。
道具の運びから片付けまで、一通りのお点前をすると、30分近くかかります。
30分も集中して取り組むのは大変ですが、茶室でのお作法もだいぶ身に着いてきました。
これからも、頑張って練習していこうね。
[PR]
by kayabun | 2009-02-25 19:55 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

浦安の舞 練習④

b0026615_9334612.jpg明野町で伝統的に「浦安の舞」を奉納している、上神取地区の白山神社。
昨年の春季例大祭で7年ぶりに復活した白山神社の「浦安の舞」ですが、今年のお祭りでも奉納が叶いそうです。
今日は、舞手となる地区の女の子が見学に。

かなり形になってきているお姉さん達の舞いを見ていると、自分達にもできるか不安になってしまうけれど、頑張って練習して、奉納を目指そうね。
[PR]
by kayabun | 2009-02-24 19:31 | 子供神楽教室

谷井公民館活動

b0026615_9141582.jpg今日は、明野町谷井地区の公民館活動で、埋文と歴民を見学していただきました。
埋文・歴民のすぐ近くの谷井。
でも、いらっしゃったことがない方が多くて、「毎日外から見ていたけど、中はこうなってたんだねぇ」という声を多く聞きました。
また、ぜひいらしてくださいね。
[PR]
by kayabun | 2009-02-22 13:57 | 歴民・埋文だより
「八代家でさきどり春祭り」イベントのリポートの続きです。
今回のイベントでは、伝統芸能の披露だけでなく、「春祭り」らしい楽しいことを他にも色々やりました!

b0026615_8563166.jpg「祭り」と言えば欠かせないのが「屋台」。
母屋入ってすぐの土間に、3つの屋台が出ました。甘酒とみそおでんと和雑貨の屋台。
甘酒とおでんは、八代家住宅サポーターズの皆さんが時間をかけて準備してくれました。
特に甘酒は、ドライバーにも安心の、米と米麹だけで作られた昔ながらのもの。
素朴な、素材の味を感じる優しい甘酒で、限定50杯が完売しました。
和雑貨は、サポーターズの皆さんだけでなく、地域の方も出店くださいました。
心がこもった手作りの和雑貨に、お客さんも足を止めていました。


b0026615_94674.jpg座敷で伝統芸能の披露が行われた後、土間のカマドの側では、餅つきが行われました。
前回イベント「八代家で昔の暮らし体験」で久々に火が入ったカマド。
今回も、もち米を蒸すのに大活躍。
もち米を蒸す蒸篭と釜は地域の方にお借りして、餅つきの準備と指導もまた別の地域の方にご協力いただきました。
皆さんに支えられてできているイベントだなぁ、とつくづく実感しました。


b0026615_9192837.jpgついたお餅は、小さくちぎって、餡子ときな粉をまぶしてお振る舞い。
つきたてのお餅は、もう絶品!
熱々を早速いただきました。
餅つきをしている間、板の間では、上神取獅子舞愛好会の皆さんが、獅子舞「マクンベ」を舞ってくださいました。
しゃがんで、板の間の端に手をかけて、キラキラした目で子ども達が獅子舞を見上げる。温かさ溢れる、イベントの素敵な一コマでした。


今回のイベントで、「おめでとう、200歳! 八代家住宅の魅力を再発見!」事業は終了です。ご来場いただいた皆さん、ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
スタンプラリーは3月8日締切です。八代家住宅以外の9ヶ所にスタンプを置いています。ぜひ、回って、応募してくださいね。

かやぶんとサポーターズの皆さんでの八代家住宅の活用事業は、来年度以降も続けていきたいと思っています。サポーターズも継続して募集します。ご協力と応援をどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kayabun | 2009-02-21 19:55 | 八代家住宅活用事業
今日は、「おめでとう、200歳! 八代家住宅の魅力を再発見!」事業の最終イベント「八代家でさきどり春祭り」でした。
八ヶ岳颪がびゅーびゅー吹いて肌寒かったのですが、100名を越すお客さんにご来場いただき、大盛況のうちに終わりました。

b0026615_1316574.jpgまずは、座敷での伝統芸能の披露について、リポートします!
スタートは、上神取獅子舞愛好会の皆さんによる、獅子舞「オンベ」。鈴と大きな御幣を持って、座敷の中、所狭しと舞い踊ります。
明野町上神取地区では、通例、小正月の道祖神祭りで舞われます。五穀豊穣や無病息災を祈念して、八代家住宅でも舞っていただきました。


b0026615_13243779.jpg獅子舞の次はお神楽です。
まずは、「こども神楽教室」参加者による「二人剣の舞」。ペアを組んでまだ2年目の女の子二人ですが、息がぴったり。
「こども神楽教室」では、地元神社の神楽保存会の方に講師となって教えていただいていますが、その中でも特に三嶋神社神楽保存会の先生にお世話になっています。今日もご協力くださり、神楽殿の飾りつけをしていただきました。


b0026615_1332326.jpg続いては、お馴染み「こども神楽教室」の卒業生の男の子による、「猿田彦命の舞」。
神楽殿とは違い、お客さんのすぐ近く、同じ高さでの舞は、迫力があります。
お客さんも、固唾を飲んで、天狗面をつけた猿田彦の舞いを見つめていました。




b0026615_1343451.jpgお神楽最後の披露は、明野町下神取地区の伊勢神明社神楽保存会の皆さんによる「天宇受売命(うずめのみこと)の舞」。
天宇受売命は、天岩戸の神話の中で、岩戸に隠れてしまった天照大神を外に出すため、岩戸の前で踊った神様として知られています。
両足を組んだまま足を曲げ、体を沈めこむその姿に、お客さんも歓声を送っていました。

今回、伊勢神明社神楽保存会の皆さんには、子ども達の舞の楽も演奏していただき、大変お世話になりました。


b0026615_13555481.jpg100名以上の方がいらっしゃったので、客席となった座敷はぎっしりで、立ち見の方も出てしまい、お客さんには窮屈な思いをさせてしまいましたが、たくさんの方に明野に伝わる伝統芸能を観ていただけて良かったです。


写真にも写っていますが、会場には、いくつかの吊るし雛を飾りました。
これらは、明野にお住まいの何名かの女性がお作りになったもの。
今回、皆さん快く貸してくださり、さきどり春祭りに彩りを加えてくれました。
春祭りらしい、華やかな雰囲気となり、お客さんにも喜んでいただきました。

伝統芸能披露以外の様子は、また改めてリポートします!
[PR]
by kayabun | 2009-02-21 16:37 | 八代家住宅活用事業

まいぶんのお仕事体験

普段、子ども達が遊びに来る埋蔵文化財センター。
その奥では、どんな仕事が行われているのかな?
今日は、実際に埋蔵文化財センターの仕事を体験してもらいました。

b0026615_10501964.jpg北杜市内から出土した、縄文時代と古墳時代の土器片を、それぞれの時代に分類する作業を体験してもらいました。
まずは、それぞれの時代の土器の特徴を知るため、展示室でお勉強。
色や薄さや模様など、違いを見つけました。

その後、作業室に移って、分類の作業へ。
迷った時は、展示室に戻って、特徴のおさらい。
分類の作業も、どんどんスピードアップしていきました。

b0026615_11773.jpg作業終了後は、お楽しみのおみやげ作り。
片面に縄文時代、片面に古墳時代の土器や遺跡の写真が載っているしおり作りをしました。
使えるし、考古学のお勉強もできちゃいます!
好きな絵を描けるオリジナルしおりもあります。みんな、趣向を凝らして、しおりを作っていました。
[PR]
by kayabun | 2009-02-20 20:03 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

こども神楽教室 舞⑥

b0026615_11243122.jpg今日は、「二人剣の舞」と「猿田彦命の舞」グループの練習日でした。
発表会の日にちも発表されて、練習にも俄然やる気がわきます。
今日は、甲府CATVの方が、練習風景を取材に来てくださいました。

放映は来週の月曜から、「NNSホッとHOT情報局」の中で流れるようです。
ぜひ、チェックしてください!


「八代家でさきどり春祭り」イベントが、いよいよ明日です。
お天気は大丈夫そうですが、寒くなりそうです。
お越しいただける方は、ぜひ暖かい格好でお越しください。
イベントの詳細はコチラを★
こども神楽教室の子ども達も出ますよ。

[PR]
by kayabun | 2009-02-19 19:08 | 子供神楽教室

手話教室

b0026615_10222742.jpg今までに習った挨拶と形容詞の手話について、2つのグループに分かれておさらい。
子ども達が私に向かって「美しい」という手話をしてくれた後、喜んだのも束の間、「うそ」と手話をされてしまいました(笑)。
その後、動物や道具の名前について、ゲーム形式で手話を覚えました。
[PR]
by kayabun | 2009-02-16 19:22 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ