茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

b0026615_912167.jpg今日は、須玉小学校4年生のお友達が、歴民に見学に来てくれました。
明野小の子ども達と同じように、須玉小の子ども達も、朝穂堰について勉強をします(朝穂堰の取水は須玉町からですし)。
浅尾新田地区にある、代官平岡勘三郎の墓の見学の後、歴民に来てくれました。


b0026615_954178.jpg聞いてみると、子ども達の半分くらいが、自分の家か親戚の家で米を作っているそうです。
米作りをはじめとした、生活に欠かせない水。
江戸時代に、自分達の暮らす土地に住んでいた人々が、水を得るためにした苦労や、それゆえの水の尊さを、少しでも感じてくれると嬉しいです。
[PR]
by kayabun | 2008-11-28 17:54 | 歴民・埋文だより

けん玉で遊ぼう

b0026615_113841.jpg今日は、けん玉を、作って&遊びました!
まずは、けん玉に模様や色をつけていきます。
左右のお皿を違う色にしたり、玉を女の子の顔に見立てたり、みんな、それぞれ楽しいけん玉を作っていきました。



b0026615_114129100.jpg塗り終わったら、ニスを塗って、少し乾かします。そして乾いたら、早速遊んでみました!
まずは、大皿に載せるところからスタート。
どちらが早く載せられるか競争したり、連続技に挑戦したり。



b0026615_11445040.jpg自分で作ったけん玉となると、やる気が倍増します。不思議なことに、玉が皿に載る確立も高くなります。
お家に帰ってからも練習したり、お父さんやおじいさんに教わって、一緒に遊んでね。
[PR]
by kayabun | 2008-11-26 20:16 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

浦安の舞披露

b0026615_911453.jpg今年4月の春季例大祭で、明野で7年ぶりの復活となった女子による舞「浦安の舞」。
4月には、元々伝承のあった白山神社(上神取地区)に加え、三島神社(浅尾地区)、三之蔵神社(三之蔵地区)でも奉納されました。
その中の三島神社から、公民館祭りでの舞披露のお話。


b0026615_916297.jpg神楽殿より、ずっと観ている方との距離が近い舞台で緊張もしましたが、頑張って舞いました。おじいちゃん・おばあちゃんから、小さな子まで、様々な世代の方が熱心に観てくださいました。
地域の皆さんに、伝統芸能の伝承に関心を持っていただけるのは、嬉しいことです。
[PR]
by kayabun | 2008-11-22 17:30 | 子供神楽教室

かご編み体験

b0026615_10294129.jpg今年の1月31日に実施した、エコクラフトという素材を使ってのかご編み体験に引き続き、今回は籐を使ってのかご編み体験をしました。
まず、丸く切った底板に、縦芯となる籐をさしていきます。縦芯が全てさせたら、それに、横芯を編みこんでいきます。


b0026615_1033075.jpg籐は、細くて扱いやすいですが、乾燥してしまうとすぐに折れてしまうので、水に浸しながら編んでいきます。
最初の数段は慣れなくて大変そうでしたが、コツがつかめると、みんなスイスイと編んでいけました。時々、編み目を確認して、編み始めがずれていないか、編み方が間違っていないか、チェックします。


b0026615_10353726.jpgふちの始末をして、把手もつけて、完成です!
それぞれの編み方によって多少形状が違いますが、それがまた、手作りの良さです。
中に何をいれようか、迷っちゃうね。
[PR]
by kayabun | 2008-11-22 13:40 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

茶道教室

b0026615_9545031.jpg県民の日ということもあり、普段参加している子が参加出来なかったりしたのですが、逆に、普段参加出来ない子が参加してくれました。
中学に進学してから時間があわなくなり参加出来なかったベテランさんが、久々の参加。
久しぶりだったけれど、お点前を始めたらどんどん思い出してきました。

また、機会を見つけて参加してもらいたいです。
[PR]
by kayabun | 2008-11-20 19:44 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

こども神楽教室 楽②

b0026615_9474297.jpg今日は、先月の教室に引き続き、「楽」の練習をしました。
篠笛の方は、多くの子がスムースに音を出せるようになりました。いくつかの音階が出るようになった子は、簡単な曲に挑戦!



b0026615_9495582.jpg今日の練習のメインは太鼓。
「四方の舞」や「二人剣の舞」でお馴染みの「竹林」の楽を、先生に笛を吹いていただき、それにあわせて太鼓を叩きます。
自分が舞った舞の楽を、自分の手で演奏する、というのは不思議な、でも、とても素晴らしい体験でした。

次回からは、いよいよ舞の練習です!
[PR]
by kayabun | 2008-11-16 13:33 | 子供神楽教室

手話教室

b0026615_11541231.jpg今日は手話教室でした。
今回は、「早い」「軽い」「大きい」など、状態を表す「形容詞」の手話を習いました。
まずは、ジェスチャーゲームで、体を使ってそれぞれをどう表すか、考えてみます。
その後、先生から手話を教えてもらい、練習しました。


b0026615_11565422.jpg次に、手話で歌の練習をしました。
ドキドキ!! まいぶんシリーズでは、毎年、12月のおたのしみ会で手話の歌を発表しています。
今年は、一青窈の「ハナミズキ」。
きれいな曲を、子ども達が一生懸命手話で表現します。ぜひ、聴きにいらしてください。
[PR]
by kayabun | 2008-11-13 19:52 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ
10月2日に拾ったどんぐりを使って、どんぐりクッキー作りをしました。

b0026615_11521324.jpg10月2日に拾ったどんぐりは、灰汁(あく)抜きの作業をして、今日に備えました。一日かけて、何度も水を替えながら、グツグツ煮ました。
埋文の林に落ちているのは、ほとんどがクヌギのコロンと丸いどんぐり。どんぐりの種類によって、灰汁抜きの方法も違うようです。




b0026615_11434197.jpg灰汁抜きをしたどんぐりは乾燥させておき、今日のどんぐりクッキー作りでは、まずそれを粉にするところからスタート。
石皿と磨石を使って、粉にしていきます。
力と根気がいる作業なので、なかなか大変ですが、みんな、美味しいクッキーを食べるために一生懸命です。


b0026615_11485415.jpgどんぐりを粉にできたら、小麦粉・ハチミツとあわせて、こねていきます。
その後、ホットプレートで焼きます。
だんだんと香ばしい匂いがしてきて、食欲をそそります。みんな、出来上がりに大満足!
縄文人も、こういうおやつを食べていたのかな。
[PR]
by kayabun | 2008-11-07 19:27 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

囲碁教室

b0026615_925887.jpg今日は囲碁教室の日でした。
今日は、ベテランのお兄さん・お姉さんに加え、初参加のちびっ子が3人もいました!
囲碁のルールは難しいかなぁ、と思っていたのですが、始めてみると、どんどんうち方を吸収して、最後は簡単な対局までできました。


b0026615_992391.jpgベテラン組は、まずはプリントの問題解き。
難しい問題は、みんなで考えていきます。
先の先の手を考え、「ここにうったら、白がここにうつから・・・うん、これであってる」。
だんだんと、「囲碁の頭」になってきています。



b0026615_9145235.jpgプリントの答え合わせをする時は、実際に碁盤の上でその手を解いていきます。
自分の書いた答えを碁盤に示し、なぜそこにうつのか、みんなにちゃんと説明ができました。
[PR]
by kayabun | 2008-11-04 20:02 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

大根祭りでお神楽披露

b0026615_963933.jpg八代家住宅で「八代家で文化の日」があった今日、明野町ではもう一つのお祭り、「大根祭り」が開かれていました。
そして、今年は初めて、こども神楽教室の参加者が、お神楽を披露しました! 小学5年生の男の子二人が、「二人剣の舞」を舞いました。


b0026615_910679.jpg楽は、同じく舞を披露した、明野町下神取地区の伊勢神明社の神楽保存会の皆さんが演奏して下さいました。
いつも舞っている神楽殿と違い、奥行きの短いステージ上での舞いは大変そうでしたが、臨機応変に上手に舞うことが出来ました。


b0026615_9121352.jpg子ども達が舞っている間、ステージの前にはこんなにたくさんのお客さまがいました。
もしかしたら、今までで一番多くの観衆の前での舞いだったかもしれません。
お客さまも、子ども達の舞いに惜しみない拍手をくださいました。
[PR]
by kayabun | 2008-11-03 19:30 | 子供神楽教室