茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

和紙漉き体験をするよ!

b0026615_923972.jpg来月に予定しているイベント打ち合わせのため、身延町西嶋に行ってきました。
身延町西嶋は、和紙の里として有名です。
その歴史は、戦国時代にまで遡ると言われ、武田信玄にも認められたと伝えられています。
400年以上の歴史がある伝統技術です。

b0026615_9283973.jpg今回は、その西嶋にある、西嶋和紙工業協同組合の(有)山十製紙の方に講師となっていただき、「ドキドキ!! まいぶんシリーズ」のスペシャルイベントとして「紙漉き体験」をします!



上の写真2枚は、見学させていただいた、(有)山十製紙での紙漉きの様子。
大きな枠を使い、書道用の紙を漉いています。
足元のペダルを操作して枠内に和紙の原料を流し込み、漉いていきます。
毎日何百枚も漉くそうですが、ベテランの職人さんだと、手作業にも関わらず、ほとんど均一の重さに漉けるそうです。

b0026615_935512.jpgこれが、紙の原料となる楮(こうぞ)の木です。
この植物が紙になるなんて、何だか不思議ですね。
紙の大きさによって、繊維の長さの向き不向きがあるそうで、楮以外にも、麦や麻、バナナやパイナップルの葉の繊維も使うそうです。
イベント当日には、楮の木も見せてもらえます!



ドキドキ!! まいぶんシリーズ「紙漉き体験」
日時:9月6日(土) 午前10時~12時
場所:北杜市埋蔵文化財センター
参加費:500円
※定員15名

問合せ・申込み かやぶん0551-25-2019


紙漉きをして、そこに色や模様を付けられるよ!
画用紙くらいの大きさの紙1枚と、ハガキ3枚の和紙を、一人が漉けます。
オリジナルの和紙グッズを作ったら、もちろん、持って帰れるよ!
(和紙グッズの引き取りは、乾燥後、別日となります)

お申込み、お待ちしています★
[PR]
by kayabun | 2008-08-26 17:32 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

蕎麦の花

b0026615_17294429.jpg7月27日に種まきをした蕎麦ですが、種まきから約一ヶ月、花が咲きました。
蕎麦って、こんなに成長が早いんですね。
白い、可憐な花がたくさんついています。
蕎麦の分類は、タデ目タデ科だそうですが、ここまでは「みんなの畑」で育てている藍と同じなんですね。
[PR]
by kayabun | 2008-08-25 17:37 | みんなの畑作り
埋文のロビー一画の、小さな展示スペースの展示替えを行いました。

b0026615_13442067.jpg新しいミニ展示は、「こども神楽教室」についてです。毎年、かやぶんで実施している「こども神楽教室」ですが、平成15年度に始めて以来、のべ66人のお友達が参加してくれました。お友達が、神楽殿で立派に舞を奉納している姿を、ぜひ観に来てください。


b0026615_13581461.jpg「こども神楽教室」は、今年も、夏休み明けに参加者の募集を開始します。
北杜市内の全小学校にチラシが配布され、埋文でもチラシを設置します。
興味のある子は、ぜひ参加してみてください!
[PR]
by kayabun | 2008-08-22 14:20 | 歴民・埋文だより

ひまわり

b0026615_929792.jpg夏休みもあともう少しで終わりですね。
埋文・歴民の夏休み無休期間も、昨日で無事終わりました。
たくさんのお客さまに来館していただけて、嬉しかったです。



b0026615_9431672.jpg明野の夏、と言えばひまわり畑
毎年恒例の「サンフラワーフェス」が、今年も開かれています。ぜひぜひ、残り僅かの夏を感じに明野に遊びにいらしてください。
ひまわり畑の帰りには、埋文・歴民で休憩がてら見学していってくださいね。
[PR]
by kayabun | 2008-08-21 09:47 | スタッフ日記

綿の花と、蕎麦のその後

昨年に引き続き育てている綿が、茶綿も和綿(白綿)も順調に育っています。
草刈りが追いついていないので、写真を出すのはちょっと恥ずかしいのですが、少しご紹介。

b0026615_1193093.jpgこちらは和綿。
昨年と違って、茶綿より和綿の方が生育の調子が良いです。
白い可憐な花をつけています。




b0026615_11164016.jpgこちらは茶綿。
花が咲くまであともう少し、という感じ。
2種類の綿を見ていて、いつも面白いなぁ、と感じるのは、綿自体の色だけじゃなく、葉の葉脈や茎、さく(綿花を包んでいるもの)の色まで、茶綿の方はほんのり茶色い、ということ。
左の写真で分かるかな?



b0026615_11184978.jpg8月7日の記事に書いた蕎麦が、ぐんぐん成長してきています。
茎が紅いのが特徴です。





畑も、夏野菜の収穫が終わり、だんだんと秋に向かっていっています。
トンボが飛び、端にはコスモスが咲き始めました。
[PR]
by kayabun | 2008-08-19 11:31 | みんなの畑作り

パンダ豆

b0026615_14325753.jpg収穫祭イベントの時から、少しずつ収穫ができるようになってきた「パンダ豆」。今では、パンパンになった莢が、たくさんついています。
「パンダ豆」よりだいぶ成長が遅れていた「ぺったんこ豆」の方も、だんだんと大きくなってきました。立派な、ぺったんこなお豆が採れるといいです。
[PR]
by kayabun | 2008-08-14 14:36 | みんなの畑作り

土器焼きました

b0026615_16341033.jpg7月20日のドキドキ!! まいぶんシリーズで作ったミニチュア縄文土器の野焼きを、今日行いました。
レンガを敷き詰めた上で、新聞紙・木・炭を燃やし、焼いていきます。急に熱を加えると土器が割れてしまうので、まずは淵に置いて熱を通していきます。


b0026615_1636482.jpg火が強くなってきたら、土器の底面などさまざまな部分を火に向けて、焼いていきます。
土器以外に、おまけに作った土鈴も一緒に焼いています。






b0026615_1637466.jpg焼けて、表面が色付いてきたら、火の中に入れ炭をかぶせ、内側もじっくりと焼きます。
火の周りはすごく暑いけれど、土器が割れないように、ぐっと我慢して、土器をひっくり返したりします。



b0026615_16404832.jpgそして、焼き上がり!
朝から始めて、約6時間かかりました。
どの土器も良い色になって、より縄文土器らしくなったでしょ?
早く作った子それぞれに見てもらいたいです。
[PR]
by kayabun | 2008-08-10 16:44 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

カボチャ発見!

b0026615_11402362.jpg7月11日の記事に、花が咲きました、と書いたカボチャが、いつの間にかすくすくと成長し、葉っぱがこんなに大きくなりました。
手の大きさと比べてみてください。




b0026615_11422151.jpg黄色い花はもうほとんど見られないのですが、花が咲いていたあたりを探ってみると・・・
ありました!
まだ小さいけれど、カボチャの赤ちゃんです。
もっと成長して、立派なカボチャ色になって、ホクホクの美味しいカボチャになるといいです。
[PR]
by kayabun | 2008-08-10 11:50 | みんなの畑作り

体験発掘

今日は、8月のスペシャルイベント「体験発掘」をしました。


b0026615_132305.jpg北杜市明野町内にある「諏訪原遺跡」で発掘調査をしている昭和女子大の先生や学生さん達にご協力いただき、実際に発掘に挑戦しました。最初に先生から、縄文時代や発掘について教えていただきました。
写真は、出土した「器台(きだい)」の説明を受けているところです。


b0026615_13375298.jpg説明の後は、いよいよ発掘スタート!
移植ゴテと刷毛、竹べらを使って、発掘をしていきます。まずは移植ゴテで土を掘っていき、遺物かもしれない、と思うものにあたったら、刷毛や竹べらで丁寧に土を取り除いていきます。
遺物は、出土した場所が分かるよう、カゴに仕分けて入れていきます。


b0026615_13485787.jpg開始早々、黒曜石の破片を発見した子も。
その後も、土器片がたくさん見つかりました。
中には、縄文の文様がしっかりついているものもありました。
途中に休憩を挟みながら、約2時間、みんな一生懸命に発掘をしました。


b0026615_13565012.jpg「諏訪原遺跡」は、縄文時代中期、今から約5000年前の遺跡です。
5000年前のモノが、見つかるってすごいね!
写真は、子ども達が発掘した遺物です。
みんな、「疲れたけど楽しかった!」と言いながら帰りました。夏休みのこの経験を、ぜひ忘れないでね。
[PR]
by kayabun | 2008-08-09 14:04 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

芽吹きました

b0026615_13455861.jpg連日の日照りと雷雨で、畑の作物は元気に育っています。(雑草も元気過ぎるくらい育っています・・・)
その中で、新たに作物の芽吹きが。
これ、何か分かりますか?
先月の収穫祭イベントの時に蒔いた、蕎麦です。
薄い緑色の可愛らしい葉が、たくさんついています。




b0026615_1350132.jpgこちらは、トウモロコシ。
穂がついて、いよいよ実も大きくなり始めました。
ただ、このトウモロコシは、かぶりついてムシャムシャ食べるものではありません。
粉用のトウモロコシです。
収穫したら、粉に挽いて、トウモロコシ団子などを作ろうと思ってます。お楽しみに!
[PR]
by kayabun | 2008-08-07 14:06 | みんなの畑作り