茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー

<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

b0026615_10561721.jpg今日は、峡北地区の家庭科の先生のグループの皆さんが、埋文と歴民の見学に来てくださいました。
皆さん、峡北地区でお仕事をされているので(中には明野出身の先生もいらっしゃいました)、ご自分の身近な土地の歴史について、とても興味を持って話を聞いてくださいました。


b0026615_10595650.jpg埋文の土器は、大体が露出展示をしており、ハンズオン、すなわち触ったり持ち上げたりしてもいい(もちろん、壊さないように気を付けてくださいね!)展示の仕方をしているので、先生方も興味深げに土器に触れていました。
埋文の後には、歴民の見学も。


最後に代表の先生が、「今日の見学の成果を、学校で子ども達に還元できたらいいと思います」とおっしゃっていましたが、少しでもそのお手伝いが出来たのならば、嬉しい限りです。
[PR]
by kayabun | 2008-07-28 13:02 | 歴民・埋文だより
b0026615_15222888.jpg今日は、「みんなの畑作り」での収穫祭イベントでした。ピカピカのお天気の中、子ども達が頑張って収穫をしてくれました。
今日収穫したのは、じゃがいも・ミニトマト・トマト・きゅうり・枝豆(茶豆)。
じゃがいもが、想像以上に深いところについていたので、みんなビックリ。


b0026615_15293483.jpgパンダ豆も、莢がいい色になっているものだけ、ほんの少し収穫しました。
莢を開けてみると、立派なパンダ模様。
子ども達も歓声をあげていました。
今日は食べなかったのですが、煮ると美味しいそうです。そして、生で莢ごと食べることも出来るそうです。


b0026615_15312294.jpg収穫祭の醍醐味は、もちろん採れたてをすぐに食べること!
じゃがいもは、フライドポテトとふかし芋に。
枝豆も茹でて、トマトときゅうりはザクザク切って。それから、畑作り協力隊の方が持ってきてくださった、そうめんカボチャとトウモロコシも茹でて、一緒にいただきました。
畑のすぐ横で、一番のご馳走です。
(そうめんカボチャ・・・茹でると、実がそうめんのようにほぐれる)


b0026615_1537494.jpg収穫の後は、種まきもしました。
右の写真、黒い点々が見えますか?
これは、蕎麦の種です。
収穫したら粉に挽いて、蕎麦粉を使ったお菓子作りなどをしようと思っています。
たくさん収穫できたら、蕎麦打ちもできるかも!?
[PR]
by kayabun | 2008-07-27 15:46 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

縄文王国 in 岡島

b0026615_1426661.jpg今日は、夏の恒例イベント、岡島百貨店での「自由研究プロジェクト」のイベントでした。
埋文は、縄文王国山梨の一員として参加。
左の写真は土偶作りの様子です。
みんな、作り方を教えてもらって、上手にかわいらしい土偶を作っていました。


b0026615_14362335.jpgこちらは、どんぐりクッキーの試食コーナー。
実際にどんぐりの粉が入っています。
ハチミツが入っているので、ほんのり甘く、どんぐりは香ばしく、子ども達にも好評でした。
縄文王国山梨のイベントでは、普段なかなか体験することの出来ない、縄文時代の生活を体験することが出来ます。


b0026615_1438448.jpg左の写真は、埋文から持っていった縄文パズル。
パズルは、60ピースと100ピースの2種類。どちらも難しいのですが、兄弟や家族で協力して、みんな、頑張って完成させてくれました。
明野からは、他にも縄文服を持って行きました。
たくさんのお友達が着て、縄文人気分を味わってくれました。



b0026615_14422064.jpgその他に、「縄文編み体験」「すり石体験」「拓本しおり作り」「弓矢体験」「縄文塗り絵」のコーナーがありました。右の写真は弓矢体験の様子。様になっていて、とても格好いいでしょ?
暑い中、お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

縄文王国山梨の次なるイベントは、9月に開催する、南アルプス市ふるさと文化伝承館でのイベントです。お楽しみに!
[PR]
by kayabun | 2008-07-26 20:00 | イベント報告
b0026615_15414080.jpg今日は、明野町にキャンパスのある東京女子学院の高校1年生のみんなが、埋文に見学に来てくれました。
最近、縄文時代について勉強をしたばかりだというみんなは、いろいろ知っていて、教科書で見た土器や土偶を実際に見れて、とても喜んでいました。


b0026615_15473522.jpg埋文は、展示資料に触れてもいいハンズオン展示をしているので、みんな、初めて触る縄文土器に興味津々のようでした。
暑い中、頑張ってキャンパスから歩いて見学に来てくれたけれど、みんな、満足して帰ってくれたようなので良かったです。
[PR]
by kayabun | 2008-07-24 15:56 | 歴民・埋文だより
今日は、毎年恒例のアイメッセ山梨における「夏休み自由研究プロジェクト」のイベントでした。
今年も、たくさんのお友達が遊びに来てくれました。
埋文・歴民は3つのコーナーを用意してお出迎え。


b0026615_955681.jpgまずは、こちら。
鉢の中の植物が何か分かりますか?
「みんなの畑」で育てている「藍」です。
アイメッセまで出張してきました。
和紙のハガキに、叩き染めという方法で、生葉の形そのままを染色します。


b0026615_9591295.jpgこちらは、毎年恒例の民具クイズ。
何に使われていたものか、「う~ん」と頭を捻ってみんな考えています。
難しい場合は、棚の中にヒントが。
ヒントを見たら分かったかな?
ちなみに、写真に写っている民具は、薬を作る「薬研(やげん)」です。
その他に、ガラス製の「蠅取り器」と、馬の口につける「口籠」を出題。


b0026615_10464220.jpgこちらは「なりきり縄文人」。縄文服を着て、梅之木遺跡の写真の前で、はいチーズ!
4着ある縄文服の中から、みんなお気に入りを見つけて、はりきってポーズをとってくれました。





今回は14の館が参加し、どのブースも趣向をこらしたおもしろいことをやっていて、大盛況でした。みんな、自由研究のヒントは見つかったかな?
今回参加した館だけでなく、県内の多くのミュージアムが、「夏休み自由研究プロジェクト」のミニブックを作っています。
全館のミニブックを埋文でも配布しているから、ぜひ見にきてね!
[PR]
by kayabun | 2008-07-21 18:36 | イベント報告

白州のお友達が来たよ!

b0026615_160040.jpg今日は、同じ北杜市内の白州町から、総勢約20名の小学生・中学生のお友達が見学にきてくれました。
埋文と歴民の見学をした後にテストをするよ!と話したら、みんな一斉に顔つきが険しくなってしまいました(笑)。


b0026615_1654972.jpgまずは埋文の見学からスタート。
「縄文土器」という言葉を聞いたことのない小さな子もいたので、まずはそこから。
写真のような、大きな土器を持つことにも挑戦しました。これは、中学生以上じゃないと大変だね。
縄文時代に始まって、古墳時代や平安時代の遺物の説明を受けました。



b0026615_161092.jpg次は歴民の見学です。
現在開催している企画展「水にまつわる話」を見学して、昔の、水の手に入れ方・水の使い方・水への祈り、についての説明を聞きました。
みんなが一番興味津々だったのは、明治時代に作られた、消防ポンプ車だったかな?


b0026615_16124527.jpg企画展を観た後は、復元民家へ。
馬(の絵)がお出迎えしてくれる復元民家に、子ども達は大興奮!
そこで民具クイズ。これは何でしょう?
答えは、赤ちゃんを入れておく籠です。畑仕事の時に、お母さんの目の届く所に赤ちゃんを置いておくのに使いました。


b0026615_16161526.jpgさてさて、最後はテスト。
と言っても、実は楽しい○×クイズ。
ちゃんとお話を聞いていたら、みんな全問正解できるような内容です。
結果は・・・ほとんどの子が全問正解。
みんな、よく説明を聞いていたね。
暑い中、遊びに来てくれてありがとう。
[PR]
by kayabun | 2008-07-20 16:31 | 歴民・埋文だより

ミニチュア縄文土器作り

b0026615_15154813.jpg今日はミニチュア縄文土器作りをしました。
最初に展示室で本物の縄文土器を見て、文様のつけ方を教えてもらったり、自分の作りたい土器のイメージを膨らませました。
そして、いざ土器作りスタート!!





b0026615_155328.jpg粘土をよく練って、まずは窪みを作ります。
次に、胴部や淵の形を整えていき、イメージした形に出来上がったら、文様つけに入ります。
縄目を転がして「縄文」をつけたり、ヘラや木製スタンプを使って文様をつけたりして、オリジナルの土器に仕上げていきます。


b0026615_15431327.jpgなかなか格好よく出来上がったでしょ?
今日作った土器は、約20日間乾燥させてから、来月10日(日)に野焼きします。
縄文人が土器を焼いたのと同じように、薪を燃やして、土器を焼きます。
今日土器を作った子も、そうでない子も、ぜひ野焼きを見学しにきてください。

野焼き見学のお問合せは、かやぶん25-2019まで。
[PR]
by kayabun | 2008-07-20 12:12 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

茶道教室

b0026615_8484956.jpg今日の茶道教室には、小学3年生の新しいお友達が仲間入り。
まずは、道具の名前を教えてもらいながら、他の子と一緒に茶巾を畳みました。
初めてとは思えないくらい上手に畳めましたが、自主的に復習。きっと早く上達するね。



b0026615_8571466.jpg今までに複数回、茶道教室に参加したことのある子は、一通りのお点前をしました。
写真の子は、通してお点前をするのは初めて。
先生に教えてもらいながら、今までに習った、お点前の部分部分の復習をしました。



b0026615_91396.jpg初めて参加のお友達と、参加2回目のお友達は、抹茶を茶碗に入れるところからスタート。
茶筅でお茶を点て、お客様に振る舞います。
お迎えにきたお家の方にもお振る舞い。
美味しい、と喜んでいただけました。
お料理もそうだけれど、お茶も、自分の点てたものを喜んでもらえたら嬉しいね。


夏休みなので、8月の「ドキドキ!! まいぶんシリーズ」放課後体験教室はお休みになります。茶道教室・囲碁教室・手話教室などは、9月にまた再開しますので、お楽しみに。
[PR]
by kayabun | 2008-07-14 19:46 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

実がつまり、花が咲く

b0026615_1141132.jpg以前、莢(さや)がつきました、と書いた枝豆(茶豆)ですが、その後も順調に、たわわに莢をつけていっています。今日、その莢を触ってみると、しっかりと豆がつまっている感触が!
このまま順調にいけば、収穫祭に間に合いそうです。
楽しみですね♪




b0026615_1172889.jpg右の写真、何の作物か分かりますか?
6月18日に移植したカボチャです。
そのカボチャに黄色い大きな花が咲きました。
このまま、すくすくと夏を乗り切ってほしいです。





上にも書きましたが、収穫祭イベントを催します。

みんなの畑作り ~収穫祭~
日時:7月27日(日) 10時~12時
場所:明野歴史民俗資料館 みんなの畑
参加費:500円
野菜を収穫して、とれたてを食べよう! 他にもおもしろいことがあるかも!?


ぜひぜひ、ご参加ください。
申込み・問合せはかやぶん25-2019まで
[PR]
by kayabun | 2008-07-11 11:32 | みんなの畑作り

職場体験@埋文

b0026615_1104371.jpg埋文に、昨日から3日間の日程で、明野中学校の2年生6人が職場体験に来ています。
左の写真は初日の様子。
職場体験の担当者から、埋文の仕事の説明を聞くところから始まりました。



b0026615_112996.jpgいざ、職場体験スタート。
土器の洗い班と、注記・実測班に分かれます。
右の写真は洗い班。
遺跡から埋文に到着した土器片は、最初はたくさんの土がついています。それを取り除くために、ブラシを使って丁寧に洗っていきます。


b0026615_1132771.jpgこちらは注記班。
それぞれの土器片が、どの遺跡のどの住居跡から出土したか、など、土器片の“住所”とも言える注記番号を、細い筆で書いていきます。
細かい作業で大変ですが、遺物の整理作業をしていく上で、とっても大切な作業。


b0026615_1155067.jpg右の写真、白い小さな文字が見えますか?
中学生の子が書いた注記番号です。
写真では分かりづらいですが、初めてなのに、小さく、にじまずに書けました◎




世の中にはいろいろな仕事があるけれど、ちょっと珍しい埋文のお仕事も、体験して、その面白さや、大変さ(仕事は何でも大変です)を感じてくれたら嬉しいです。そして、毎日一生懸命働いてくれている、お家の人への感謝の気持ちを持ってもらいたいです。
[PR]
by kayabun | 2008-07-10 11:12 | 歴民・埋文だより