茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お茶会をやるよ!

イベントのお知らせです。
毎月行っている茶道教室のスペシャルイベントとして、お茶会を開きます!

b0026615_1154683.jpgお茶席体験
日時:6月1日(日) 午後1時~3時
場所:明野歴史民俗資料館
参加費:500円


茶道教室経験者の子たちは、お点前をして、日頃の練習の成果を披露します。
初めて参加する子は、先生のお点前を拝見して、美味しいお茶をいただこう。

天気が良かったら、屋外で「野点(のだて)」をします。(画像はイメージです)
外でいただくお抹茶は、きっと格別!
ぜひぜひ、ご参加ください。

申込み・問い合わせは、かやぶん25-2019まで
[PR]
by kayabun | 2008-05-29 12:05 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ
b0026615_8541932.jpg今日は、「昔の遊び体験」ということで、コマ回しに挑戦しました!
コマを作るところからスタート。ひもで回す木ゴマと、手回しゴマの2つを作りました。
それぞれに、自分の好きな色を塗っていきます。回った時にきれいに見えるよう、みんな慎重に作っています。


b0026615_8583214.jpg彩色が終わったら、ニスを塗って乾かします。
乾ききったら、いよいよコマ回しに挑戦!
ひもを使ってのコマ回しは初めての子もいたけれど、みんな果敢に挑戦。
最後には、ほとんどの子が回せるようになりました。




b0026615_912398.jpgみんなが作ったコマ。
色とりどりで、模様もさまざまで、とっても素敵でしょ?
止まっている時と回っている時とでは、色や模様の見え方が違くて、それもまた面白い。
みんな、お家でもコマ回しをして遊んでね。
[PR]
by kayabun | 2008-05-27 19:42 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

目指せ、藍染め!

b0026615_11142386.jpg体験農場「みんなの畑」に今月2日の種まきイベントで植えた種や苗が、すくすくと育ってきています。
左の写真に小さく双葉(まだ葉っぱは1センチくらい)を出しているのが、藍です。
畑の周りにぐるりと種を蒔いたのですが、そこここから、可愛らしく芽を出しています。




b0026615_1120537.jpgこちらは綿です。
去年に引き続き茶綿と、そして今年は白い和綿も植えています。
うまく花が咲き、綿が収穫できたら、紡いで糸にして、上の藍で染めようと思っています。
「藍染めイベント」は来年1月に計画しています。



私はまだまだ畑初心者で、毎日畑の様子を見ようと思っているのですが、つい忘れてしまう時もあります。
でも、畑の作物たちは毎日成長していて、見るたびに違った表情をしています。
みんなも、ぜひ「みんなの畑」を見に遊びにきてね!
[PR]
by kayabun | 2008-05-23 11:38 | みんなの畑作り
今日は、明野小4年生が、歴民に朝穂堰のことを調べに来てくれました。

b0026615_1056193.jpgまずは、資料館2階でお勉強。
堰が造られた時に活躍した人々や、使われた道具、堰ができて実際に水田がどのくらい増えたか、について勉強をしました。
みんな、自分達の住んでいる土地の歴史に興味津々。


b0026615_1059482.jpg2階でのお勉強の後は、資料館前の芝生で復習の○×クイズ。
説明をちゃんと聞いていたら難しくない問題ばかりだけど、みんな分かるかな?
結果は・・・半数以上が全問正解!!
みんな、よく説明を聞いていたね。

資料館の後は、浄居寺や平岡勘三郎の墓を巡るそう。
勉強したことを、ぜひ思い出しながら歩いてね。
[PR]
by kayabun | 2008-05-21 11:12 | 歴民・埋文だより

茶道教室

b0026615_1032157.jpg今日は茶道教室の日でした。
初参加の子が2名いたので、復習も兼ねて、お道具の名前の勉強をしました。
茶碗・棗・茶杓・柄杓・・・いろいろあって難しいけれど、じょじょに覚えていこうね。



b0026615_10375089.jpgその後は、経験者組と初参加組に分かれて茶道のお稽古。
経験者組は、運びの作法も含めて一通りのお点前を。初参加組は、袱紗の畳み方を練習した後、お茶碗に抹茶を入れて、実際に自分で点茶をしてみました。

初めて抹茶を飲む、という子もいましたが、茶道を楽しめたようです。
これから、ゆっくりとお点前を覚えていこうね。
[PR]
by kayabun | 2008-05-20 19:11 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

縄文グッズ作り

今日は、毎年大人気の「縄文グッズ作り」をしました!
今年は、毎年恒例の半袖Tシャツに加えて、長袖Tシャツ、男の子用タンクトップ、女の子用キャミソール、トートバッグ、と盛りだくさん。
この中から好きなものを選んで、縄文土器の文様をプリントして、自分だけのオリジナル「縄文グッズ」を作っちゃいます!


b0026615_1057350.jpgまずは、デザイン作りから。
Tシャツやバッグなど自分が作るものの絵に、縄文文様のカットを貼っていき、出来上がりをイメージしていきます。
たくさん文様を使う子、シンプルなデザインにする子、ストーリーのある模様を作る子、本当に様々です。


b0026615_112449.jpgデザインが完成したら、いよいよ作業。
縄文文様が切り抜かれた枠をあて、ローラーでインクを塗ってプリントしていきます。
たくさんの文様をプリントする子や、Tシャツの袖にもプリントする子などは、なかなか大変。
でも、友達同士協力して、スムーズに作業が進んでいきました。


b0026615_1163523.jpg頑張って作った「縄文グッズ」の完成です!
集合写真を、埋文の縄文住居でパチリ☆
お迎えに来たお家の人にも、「一緒に作れば良かった」と大好評。
Tシャツやタンクトップ、キャミソールは、これからの季節に大活躍するね。
みんな、大切に使ってね。
[PR]
by kayabun | 2008-05-17 13:11 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

手話教室

b0026615_1136842.jpg今日の手話教室では、数の表し方について習いました。
数の表し方を習得した後は、ビンゴでその復習! 選んだカードの数字を、手話で他の参加者に教えます。


b0026615_1142893.jpgその後、自分の年齢や、家族の人数の、手話での話し方を習いました。
「お父さん」や「お母さん」の手話の復習もしたので、あわせて、「私の家族は○人です。私とお父さんとお母さんと・・・」という手話ができるようになりました。
自己紹介の時に使ってね。
[PR]
by kayabun | 2008-05-15 19:43 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

囲碁教室

b0026615_8572038.jpg今日は囲碁教室でした。
参加者は経験者ばかりだったので、今日は対局をたくさんやりました。
先生とも対戦!
だんだんと、先の先の手まで読めるようになってきたかな?


b0026615_859631.jpgドキドキ!!まいぶんシリーズの囲碁教室では、基本的に9碁盤(碁石を打つ線と線の交点が、9四方ある)という小さな碁盤を使っているのですが、今日は普通の対局に使われる19碁盤にも挑戦!
より多くのことに注意を払わなくてはいけないから難しいけれど、やりがいがあります!
[PR]
by kayabun | 2008-05-07 19:45 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ
b0026615_8561868.jpg今日は、明野町の浅尾新田地区の皆さんが、公民館活動として埋文に来てくださいました。
市の文化財担当の者が、町内の大日川原遺跡と神取遺跡を案内した後、埋文で復習。
写真は、明野町内から出土した、珍しい土器等の説明を聞いている様子です。

たくさん歩いた後で皆さんお疲れの様子でしたが、熱心に聞き入っていました。


b0026615_99573.jpg説明の後は、埋文と歴民を、自由にご見学いただきました。
疲れていたはずの子ども達も、すっかり元気を取り戻して、縄文住居で遊んでいました。
良いお天気のもと、たくさん歩き、新しいことを吸収し、皆さんとても満足した表情で帰られていきました。

ご来館、ありがとうございました。
[PR]
by kayabun | 2008-05-03 15:51 | スタッフ日記
2つ前のかやぶんニュースで書いた、歴民隣りにある体験農場での「みんなの畑作り」。今日はイベントの初回。種まきをしました。
「畑作り協力隊」の皆さんを先生にお迎えして、じゃがいも・綿・藍・とうもろこし・豆(パンダ豆・ぺったんこ豆・茶豆・金時豆・落花生)の種や苗を植えました。


b0026615_9345899.jpg子ども達が、先生方の話に聞き入っています。
みんな、じゃがいもの芽がどこにあるか分かるかな?植物の生態を考えながら、適した植え方を考えてみます。種芋を穴の中に置いた後、土をかぶせる前に、枯れ草を種芋の上に載せました。そうすると、種芋が呼吸しやすく、じゃがいもがよく育つそうです。


b0026615_947226.jpgとうもろこしと豆各種は、位置を調整しながら同じ列に植えていきます。
予定通り成長してくれると、とうもろこしに、豆の蔓を絡ませて育てることができます。
いろいろ計画しながらの畑作りは、楽しい!



綿は、去年大成功した茶綿に加えて、白い甲州綿も植えました。
藍もうまく育てば、今年は藍染め体験教室を開きたいと思っています。

実際に土を触って、自分の手で作物を植えてみる。
成長する過程を見つめ、時には失敗の理由を考えながら、感謝とともに、育った作物をいただいたり、使ったりする。
そのような体験を通して、子ども達が畑作りの魅力を感じてくれるといいです。

種まきの後は、ご褒美にお菓子「抹茶かるかん」作りもしました。
[PR]
by kayabun | 2008-05-02 19:16 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ