茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

発表会開催!

b0026615_16561364.jpg今日、こども神楽教室の発表会を開催しました。
秋から練習を重ねてきた子ども達。
その成果を、お家の方々をはじめ、お客さまに観ていただきました。
左の写真は、「二人剣の舞」。




b0026615_1712375.jpg以前のかやぶんニュースにも書きましたが、今年は「浦安の舞」の復活を目指していました。
「浦安の舞」は女子による舞。明野では、上神取地区の白山神社でのみ、伝統的に奉納が行われていました。
ここ7年ほど奉納がなされていなかったのですが、今年の春祭りでは、女の子達の可愛らしい姿を観ることができそうです。


b0026615_1774835.jpgトリは、こども神楽教室5年目のベテランのお兄さんによる「猿田彦命の舞」。
大人顔負けの、力強く、そして軽快な舞に、お客さまは皆さん見入っていました。



彼が「おわりのことば」で言っていたのですが、5年前、お家の人に連れられて神楽教室に来た時は全然面白いと思わなかったけれど、何年か続けているうちに面白くなってきた、そうです。
伝統芸能は、最初は少し敷居が高いかもしれません。
でも、やってみれば面白いかもしれない。
かやぶんでは、子ども達がそんな「最初の一歩」を踏み出せるお手伝いを、今後もしていきたいと思います。


b0026615_17195317.jpg最後にみんなで集合写真をパチリ☆
各神社の春祭りでの奉納も頑張ろうね。
[PR]
by kayabun | 2008-03-22 16:54 | 子供神楽教室
b0026615_1373727.jpg発表会前最後の練習日。綺羅と烏帽子を身に付け、本番さながらに練習をしました。
今年度、一番舞手が多いのは、参加2年目以降の子ども達が習う「二人剣の舞」です。
「四方の舞」に加えて、動きの多い後半部分が加わるので、練習を始めた頃は皆とまどっていましたが、今では立派に舞っています。


b0026615_1375410.jpg以前、かやぶんニュースにも書きましたが、今年は、明野での7年ぶりの復活を目指し、「浦安の舞」の伝習をしています。
こちらも、本番さながらに千早と緋袴を身に付けての練習をしましたが、どの子もとてもかわいらしく、発表会やお祭りでの披露が楽しみで仕方がありません。

こども神楽教室発表会
日時:3月22日(土) 午後1時半~3時半
場所:明野総合会館 2階 中会議室


ぜひ、子ども達の秋からの練習の成果をご覧になりに来てください。
お問い合わせなどは、かやぶん0551-25-2019まで。
[PR]
by kayabun | 2008-03-15 13:54 | 子供神楽教室

こども神楽教室

b0026615_11434154.jpg今日で舞の練習は6回目。参加初年度の子ども達は「四方の舞」を、二年目以降の子ども達は「二人剣の舞」を練習しています。
だいぶ、舞や位置取りを覚えてきたので、今日は、本番さながらに綺羅と烏帽子を付けて練習をしました。
身が引き締まり、堂々と舞えていました。


b0026615_11461216.jpg女子の参加児童のうち何人かは、明野町では白山神社でのみ伝統的に舞われてきた「浦安の舞」を練習しています。
今まで習っていた勇壮な男舞と違った、ゆっくりとした厳かで優雅な舞に最初は戸惑っていましたが、今ではとても美しく舞えるようになってきました。

それぞれの舞を、発表会や神社での例大祭で披露する日が待ち遠しいです。
今年のこども神楽教室の発表会は、今月22日(土)の午後に、明野総合会館にて開催する予定です。
ぜひ、足をお運びください。
[PR]
by kayabun | 2008-03-08 12:42 | 子供神楽教室

勾玉作り

b0026615_1159419.jpg今日は勾玉作りを しました。
勾玉とは、ヒスイやメノウなどの石から作った縄文時代の首飾りです。
山梨県で見つかったヒスイは、遠く新潟県の糸魚川流域から来たものだそうです。
大昔から遠く離れた人々との交流があったんですね。



b0026615_11592124.jpg今回は、子ども達の力でも削りやすいよう、「滑石」という柔らかい石を使いました。
白と黒の滑石のうち好きな色を選び、まずはそれに作りたい勾玉の形を書きます。
そして、砥石でどんどん削っていき、最後はやすりや耐水ペーパーで磨いて、出来上がり!
とってもカッコいいでしょ?

削るのは少し大変だったけれど、みんな出来上がりに大満足!
ひもを通して首からさげ、みんな、嬉しそうにそのままお家に帰りました。
縄文人にとっても宝物であっただろう勾玉。みんなも、ぜひ宝物にしてね。
[PR]
by kayabun | 2008-03-03 19:55 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ