茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

わらぞうり作り

b0026615_1822298.jpg今日はわらぞうり作りをしました。
子ども達だけでなく、大人の参加者も多く、賑やかな中、イベントは進みました。
先生の持ってきてくれた藁を、自分の足の指に引っ掛けて編んでいきます。
先生の手はまるで魔法の手のように、どんどん編んでいくのに対して、
初めての参加者は悪戦苦闘。


b0026615_18104915.jpg出来上がりはこんな感じ。
大変だったけれど、自分の足にぴったりの、素敵なわらぞうりが出来ました。
編み始めは大変だったけれど、慣れてくると、編み目や幅も揃えて編めるようになりました。
片足分を終える頃には、みんなかなり上手に。


b0026615_18115194.jpg最後にみんなで記念撮影。
みんな、お家で履いたり、わらぞうりは魔除けにもなるので、玄関や扉に飾ったりしてね。
[PR]
by kayabun | 2007-10-27 17:58 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

茶道教室

b0026615_17452367.jpg今日は茶道教室の日でした。
茶道では、自分がお茶を点てる所作だけでなく、お客さまに振る舞う時などの相手を意識した所作や、お客さまとしてお茶をいただく時の所作も大切です。


お茶を点てる所作はだいぶスムーズに出来るようになってきたので、最近はそれ以外の所作にも注意を払うようになりました。
茶室の中での礼儀作法が身に付くと、きっと普段の生活にも良い影響があると思います。みんな頑張って、美しい所作を身に付けましょう。
[PR]
by kayabun | 2007-10-25 19:13 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ
b0026615_111555.jpg昨日の記事に書いたように、今日は韮崎市小田川の柳原神社例大祭にて、こども神楽教室に参加しているベテランさん3人が、神楽を奉納させていただきました。
柳原神社、通称金比羅さんでは、毎年、明野の三嶋神社神楽保存会の皆さんが神楽を奉納しているのですが、今年は明野のこども達もお話をいただいて、初めて参加させていただくことになりました。


b0026615_1121251.jpg奉納した舞は、
「猿田彦命の舞」と「二人剣の舞」。
初めての祭り、初めての神楽殿で、緊張したと思いますが、3人とも立派に舞いました。
小田川の方にも大変喜んでいただき、来年もぜひ参加してね、とお言葉をいただきました。


b0026615_1123268.jpg金比羅さんのお祭りは、奉納神楽以外にも、神輿、奉納相撲など、祭りの魅力がぎっしり詰まった賑やかなお祭りでした。
左の写真にあるような、地面から1.5メートルはありそうな高さの土俵での奉納相撲は、とても迫力がありました。
[PR]
by kayabun | 2007-10-21 17:53 | スタッフ日記

第二回 こども神楽教室

b0026615_10403494.jpg今日はこども神楽教室の第二回でした。
前回に引き続き、神楽のお勉強をしました。
神楽は、通常成人男性によって奉納されますが、女子によって奉納される舞があります。
「浦安の舞」といい、紀元2500年を祝して、全国の神社で昭和15年に奉納されました。
明野にも、上神取の白山神社に伝わり、女子によって奉納されたそうです。
しかし、その後は、舞手の人数不足や先生の不在などによって、奉納の廃止・復活を繰り返し、最近では7年前に奉納されたきり、舞われていませんでした。
白山神社では、いよいよ今年「浦安の舞」を復活させたい、と考え、かやぶんもそのお手伝いをさせていただくことになりました。
須玉から先生に来ていただき、上神取の女子以外にも、舞ってみたいという女の子には教えていただこうと思っています。
左の写真が、7年前の白山神社での「浦安の舞」です。


b0026615_1041429.jpg「浦安の舞」のビデオを見て、実際の衣装や鈴などに触れた後、ベテランさんに神楽を舞ってもらいました。
実はベテランさん3人が、明日、韮崎市小田川の柳原神社で神楽を奉納させていただきます。
そのリハーサルも兼ねて、参加者のみんなに神楽を披露しました。
柳原神社の神楽奉納については、明日の記事で書きますね。

いよいよ、次回からは舞の練習に入ります。
今年度は、昨年度に引き続き参加者が多いので、埋文センターでは手狭になってしまったため、総合会館で練習を行います。
[PR]
by kayabun | 2007-10-20 13:39 | 子供神楽教室

囲碁教室

b0026615_9544538.jpg今日は囲碁教室でした。
今日は初めてのお友達も参加。大人数で賑やかな囲碁教室となりました。
ベテラン組は、ペアで「棋譜」を指しました。
「棋譜」とは、対局の一手一手が、音楽の楽譜のように書かれているもので、要するに勝敗も最初から決まっています。
それに沿って指していくことで、対局のパターンを習得します。
初めてやるものだったのだけど、みんな、考えながら指すことができたかな?


b0026615_959436.jpgベテラン組が「棋譜」に挑戦している間、初めてのお友達は先生から囲碁の基礎を教えてもらいました。
先生の説明を熱心に聞いて、さっそく先生と一局指しました。
碁盤と碁石を持ち帰って、家でも練習する、と大はりきり。
また、ぜひ次回も参加してね。
[PR]
by kayabun | 2007-10-16 19:51 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ
b0026615_171331.jpg明野小の5年生が、自分たちで育てたお米の脱穀体験をしました。
歴民からは千歯こきが出張。小学生のパワーに負けないよう、足を強固にして臨みました。
脱穀体験の前に、地域の方々「お米の先生」によって、昔の農具の説明がありました。

千歯こきの他に、足踏み脱穀機、唐箕、扇風機も用意されていました。

b0026615_171519.jpg千歯こきで、もち米の稲を脱穀する様子。
子ども達は、千歯こきと足踏み脱穀機の両方を体験しました。
農具の進化による、便利さ・一度に脱穀できる量の増加、を皆体験できたと思います。
[PR]
by kayabun | 2007-10-16 14:47 | 歴民・埋文だより

縄文ペン立て作り

b0026615_1310931.jpg今日は、「縄文ペン立て」作りをしました。
縄文土器に付いている文様を、ステンシルの方法で木製のペン立てに描いていきます。
縄文文様のステンシルの枠は全部で8種類。それ以外に古代文字も4種類用意しました。。
まずは、紙の上でデザイン。どんな配置にするか、どの色で彩色するか。
いろいろなことを考えながら、みんな、素敵なデザインを考えてくれました。

b0026615_13131879.jpgデザインが決まったら、ステンシル開始。
枠をペン立ての上に置いて、筆でインクをのせていきます。
インクは全部で5色。カラフルで、楽しいペン立てがどんどん出来上がっていきます。
出来上がりが右の写真です。
みんな、それぞれの個性がばっちり出ているペン立てを完成させました。
机の上で、ぜひ使ってね。
[PR]
by kayabun | 2007-10-09 19:59 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ

手話教室

b0026615_147284.jpg今日は、都道府県(今回は東日本のみ)を表す手話を覚えました。
まずは、手話が描かれたカードを使って、どこの都道府県かをあてます。
それぞれの手話は、形や有名なものが由来となっています。
私達の住む山梨県は「富士山」を表す手話が入ってきます。


都道府県の手話の練習をした後は、手話でやる歌の練習をしました。
昨年の「世界に一つだけの花」に続き、今年は「大きな古時計」に挑戦します。
完成した暁には、また年末のおたのしみ会で披露する予定です。
みんな、頑張って練習しようね。
[PR]
by kayabun | 2007-10-05 19:34 | ドキドキ!!まいぶんシリーズ