茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

b0026615_1712421.jpg私達が毎日のように見上げる茅ヶ岳は、その名の通り、かつては良質の「茅」が多く採れる山だったそうです。
しかし、現在はまとまった量の茅を採ることができないため、昨年行った三之蔵神社神楽殿の屋根葺き替え事業では、県内忍野村の茅を使いました。
作業の中で、三之蔵神社氏子さんやボランティアさんは、茅のすぐりや葺き替えの技術を学び、習得していきましたが、では、その茅はどのように育ち、刈られ、保管されているのでしょう?
それらを知るために、今回、数名の作業ボランティアさんやNPO会員さんと共に、忍野村の茅場に研修に行ってきました。


b0026615_17122185.jpg自衛隊の演習場である北富士演習場内に広がる茅場は、本当に広大で、どの方向を見渡しても、茅・茅・茅。
北富士演習場は、入場許可証を持っている方のみ入れるそうなのですが、今回、その許可証をお持ちで、茅の刈り取り・販売をご職業にされている方のご好意で、研修をさせていただきました。
茅は、出来るだけ根元から、引っ張るように刈るのがいいそうです。
茅以外の小枝などが混ざらないように気を付け、端を揃えて積んでいきます。
長さの決まっている紐がちょうど2周する量になったら束にします。
稲と違ってかなり堅いので、悪戦苦闘している方も。
全員で刈り取って、約30分後には上の写真くらい開けました。


b0026615_17241549.jpg刈り取った茅は、右の写真の倉庫で保管されます。
その後、私達は河口湖町のへ移動して、「西湖いやしの里根場」を見学しました。
根場(ねんば)は、昭和41年の台風26号の集中豪雨による土石流で、飲み込まれてしまった茅葺き家屋集落。
多くの人命とともに30余戸のうち、わずか4戸を残して消失しまったそうです。
その根場集落を、同じ場所に復元したのが「西湖いやしの里根場」です。
最終的に23棟が復元される予定で、現在も整備中です。

b0026615_17243522.jpgこの屋根の形は「甲造り(かぶとづくり)」といい、明野周辺ではあまり見られませんが、県内ではさほど珍しくなく、主に郡内地方を中心に分布しています。
その屋根型は、養蚕時の作業スペース拡大・採光・換気など、生業と深く関わって発展してきたと考えられています。
民家、特に草葺屋根の家は、資材にその土地で多く採れるものが使われ、生活の影響を色濃く受けて発展してきました。
つまり、民家を見れば、その土地のかつての姿を知ることが出来ます。
そのような視点で、町歩きをしてみるのも楽しいかもしれません。
[PR]
by kayabun | 2007-03-25 17:57 | 茅葺き事業
今日は、9月から行っていた、「お神楽チャレンジ教室」の発表会。
秋から頑張ってきた成果を、思う存分発揮しよう!

b0026615_13464483.jpgお神楽チャレンジ教室では、1年目の子ども達は「四方の舞」という舞から練習を始めます。
この舞は、他の多くの舞のベースとなるものなので、きちんと身に付けることが重要です。
今回も、4組14人の子ども達が「四方の舞」を披露しました。
一番小さな子は幼稚園生! とても頑張りました。


b0026615_13493063.jpg2年目以降のベテランさんは「二人剣の舞」。
今回は、2組4人の子ども達が舞いました。
「四方の舞」から始まり、途中から楽(がく)が変わり、テンポの速い「打ち込み」に。
剣を持っての舞はとてもカッコいい。
1年目の子ども達は、「次はこの舞をやってみたい」と口々に言っていました。


b0026615_13525590.jpgそして、大トリはベテラン中学2年生のお兄さんによる、「猿田彦命の舞」。
天狗の面を着け、剣を持ち、神楽殿の大きさいっぱいに舞う姿は、迫力があって、さすが!という感じです。


休憩時間には、白玉入りお汁粉作り、茶道体験なども行い、子ども達は発表会自体を楽しんでくれたようです。
今回は参加児童も多かったので、発表会にもたくさんの保護者の方、お友達が集まってくれました。
発表会の最後には、長くお世話になった先生に、お褒めの言葉をいただき、子ども達は皆達成感のある表情をしていました。
[PR]
by kayabun | 2007-03-24 17:43 | 子供神楽教室

どら焼き作り

b0026615_13284190.jpg今日は今年度最後のかやぶん子どもクラブ。
最後は、くいしんぼう隊!
どら焼きを作りました。
ホットケーキミックスを使って、ホットプレートで焼ける簡単どら焼き。

普通のどら焼きのように生地であんこを挟んだり、細長い生地を焼いてロール状にしたり、それぞれの工夫が見られます。


b0026615_13301460.jpgおいしそうなどら焼きでしょ?

これで平成18年度のかやぶん子どもクラブは終了。
そして、来月からは、かやぶん子どもクラブがリニューアルして、「ドキドキ!!まいぶんシリーズ」という名前で装い新たにスタートします。
お楽しみに!!
[PR]
by kayabun | 2007-03-22 19:27 | かやぶん子どもクラブ
b0026615_942910.jpg
昨年度も行われた県内施設共同企画、「縄文王国山梨 スタンプラリー」。今年は新たに、県立博物館も加わって7館での開催となりました。
下記の参加施設をまわって、全施設のスタンプを集めて応募すると、抽選で20名の方にオリジナルスタンプセットか、ミニチュア土器が当たります!そしてなんと今年は応募者全員にオリジナルグッズをプレゼント(先着順)。
この機会にぜひ、山梨の豊かな縄文文化に触れてみてください。



開催期間:2007年3月21日(水)~8月31日(金)
参加施設:県立考古博物館
       県立博物館(笛吹市)
       釈迦堂遺跡博物館(笛吹市)
       長坂郷土資料館(北杜市)
       韮崎市民俗資料館
       北杜市埋蔵文化財センター
       南アルプス市櫛形生涯学習センター

主催:縄文王国山梨実行委員会(事務局:県立考古博物館)
協力:県立考古博物館協力会
共催:県立考古博物館・県立博物館・釈迦堂遺跡博物館・長坂郷土資料館 ・韮崎市教育委員会・北杜市埋蔵文化財センター ・南アルプス市教育委員会

お問い合わせ先:県立考古博物館 TEL 055-266-3881
縄文王国山梨スタンプラリー 紹介ページ
[PR]
by kayabun | 2007-03-21 09:39 | イベント情報
今日は、お神楽の発表会前最後の練習日でした。

b0026615_17483781.jpg前回に引き続き、神楽殿の大きさの枠を床に示して、その中で舞いの練習をしました。
練習の最初に発表された、演目の順番と組み合わせに沿って、本番さながらのリハーサル。
子ども達の顔付きも、だんだんと変わっていきました。


b0026615_17484920.jpg発表会は、3月24日(土)午後1時半~、北杜市埋蔵文化財センターにて行います。
10月から、頑張って練習した子ども達の成果を、どうぞご覧になりにいらして下さい。
[PR]
by kayabun | 2007-03-17 17:32 | 子供神楽教室

手話教室

今日は今年度最後の手話教室でした。

b0026615_1728520.jpgまずは数字の表し方を覚えました。
みんな、「8」や「9」に苦戦。指がつりそうになってしまいます。
1~30までの表し方を覚えたらビンゴゲーム。
中にはトリプルビンゴまで出す子も。


b0026615_17281734.jpgその後、あいさつの仕方の復習をして、最後は、チーム対抗のテスト問題。
相手のチームに答えが漏れないよう、みんな小さな声で相談。
まだ知らない手話を、絵から想像して答える問題に挑戦しました。
ラーメンとそばの違いなんて、難しい!

1年間で、自分の名前やあいさつ、数字などの手話のやり方を覚えました。
機会があったら、ぜひ使ってみてね。
[PR]
by kayabun | 2007-03-16 19:14 | かやぶん子どもクラブ

明野カルタ作り その3

今日は、本年度最後の「作ってあそぼう」の日。
先月から引き続き、「明野カルタ」作りをしました。

b0026615_1712119.jpg絵札も読み札も、だいぶ出揃ってきました。
50音それぞれに句を当てはめていくと重なってしまう音も多く、今回はそれを整理して、確定した句・まだ作られていない句、を一覧表にまとめて、それを元にまだ作られていない句の絵と読み句をどんどん作っていきました。

b0026615_17142620.jpg子ども達が描いた絵札の絵を、少しお見せしますね。
一人一人、丁寧に考え、描いていて、とても温かみのあるカルタが出来上がりそうです。
完成まであと少し。出来上がったら、みんなでカルタ大会をしましょうね。
[PR]
by kayabun | 2007-03-13 19:03 | かやぶん子どもクラブ
今日はお神楽チャレンジ教室の10回目の練習でした。

b0026615_16594476.jpg口歌の練習をした後、今日は「二人剣」を舞う子ども達が綺羅を着て練習しました。
「二人剣」組は神楽経験者だから、綺羅の重さや長さにも慣れているかな?
「んー、でも重いっ!」


b0026615_1659568.jpg「四方の舞」を舞う子ども達は、床に示した神楽殿の大きさの枠の中で、舞う練習をしました。
腕を広げられる範囲や、歩幅・歩数など、神楽殿で舞う時の感覚を、少し掴めたかな?

来週は最後の練習日。
自信たっぷりで本番に臨めるよう、みんな頑張ろうね。
[PR]
by kayabun | 2007-03-10 16:51 | 子供神楽教室

茶道教室

b0026615_16544119.jpg今日は今年度最後の茶道教室でした。
まずは、前回の復習の袱紗さばきから。
畳み方は複雑で難しい。みんな、きちんと覚えているかな?
袱紗を畳み終えた後は、きちんと腰に挟んで、順番に主人となってお手前。
半年間の教室で、茶室に入る前からお道具を片づけるところまで、みんな一通りをマスターしました。
でも、お茶の道はまだまだ奥が深いです。茶道教室は来年度も継続するので、みんな益々頑張りましょうね。

b0026615_16594772.jpg今日の子どもクラブの最後には、それぞれが茶道教室の感想を言ったのですが、中にはきちんとメモ帳に書いて準備してくれた子も。
その子は、茶道のお作法を学ぶことによって、姿勢が良くなり、もっともっと茶道のことを知りたいと思いました、と言ってくれました。
その意気!!
[PR]
by kayabun | 2007-03-08 19:53 | かやぶん子どもクラブ

囲碁教室

b0026615_16523054.jpg今日は囲碁教室。
いつも、対局の前に、先生が出す問題に一人一人答えるのですが、今回はそれをプリントですることに。
学校の宿題のように、鉛筆を持って、みんな「うーん」と考え込んでいます。

易しい問題から難しい問題まで、一年間の囲碁教室で、みんなかなり腕があがりました。
囲碁教室は今日で今年度最後。また4月から、頑張りましょうね。
[PR]
by kayabun | 2007-03-05 19:39 | かやぶん子どもクラブ