茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

b0026615_1001117.jpg今年もおかぐらチャレンジ教室の季節がやってきました。今年は明野の子ども達だけでなく、北杜市内全域に募集チラシを配布し、広く参加者をつのりました。今回は武川や大泉、長坂からも参加してくれた子ども達がいます。


b0026615_1014091.jpg
今回参加してくれた子ども達の中には、お神楽をみたことがない!という子も。第1回目の今日は、おかぐらってどんなもの?どういうことをやるのかな?ということをわかりやすく説明していきます。


まずは昨年度の舞の様子をビデオで鑑賞。舞手はポスターのモデルにもなった、一番ベテランの男の子です。ポスターを見て来てくれた子たちは、この舞をやりたい!!そうなのですが、これが出来るようになるには、たーくさん練習が必要ですよ。

b0026615_1052440.jpg舞の内容や、神楽に出てくる神様のことを簡単にお勉強したら、今日はなんとトクベツに神楽の衣装、綺羅(きら)を着れちゃいま~す!この綺羅はかやぶんで作ったものですが、正絹を使ったとっても豪華で綺麗な綺羅です。


b0026615_1083655.jpgじゃーん!!みんなとっても似合っています。このまま神社に行って舞えちゃいそう。初めて綺羅を着た感想は?と聞くと、かっこいい!という声の他、「思ったより重い~」「暑い」という声も。確かに…。この後昨年参加した明野の子に、実際に綺羅を着て舞ってもらいました。


b0026615_1018180.jpg最後は神楽間違い探しクイズ。2枚の絵で、違うところはどこかな?神楽のお面が仮面ライダーになっていたり、キツネさんがタヌキになっていたり。間違い探しをしながら、神楽について学んでいきます。神楽の舞は狐がでてくるものがありますが、狸は出てこないのです。


北杜市内の町ではそれぞれに神楽が舞われています。行われる時期や楽、舞い方などにそれぞれ違いはありますが、基本的な内容や舞のストーリーなどは一緒。子ども達、自分の住む町の神楽にも興味をもってくれるでしょうか。
次回、10月21日にはいよいよ神楽を実際に舞ってみます。まずは一番基本の舞、四方の舞から。みんな来てね!待ってまーす。
[PR]
by kayabun | 2006-09-30 10:57 | 子供神楽教室
b0026615_9392345.jpg今日の子どもクラブは食いしん坊隊。今日は、みんなが畑で収穫したジャガイモを使っておやつを作ります。実は今回は、何を作るのか当日まで子ども達に秘密にしていました!ジャガイモを見せてみんなに種明かし。


b0026615_9403344.jpg
ジャガイモおやつ、作り方はとっても簡単。すりおろしたジャガイモに小麦粉と牛乳、卵を少し混ぜて焼くだけ!味付けはみんなの希望を聞いて、塩味のものと砂糖を入れたものと2種類作りました。


ジャガイモの皮を剥く子、すりおろす子、小麦粉や卵を混ぜる係の子、できあがったタネを焼く子…。みんなそれぞれ自分から、出来る作業にとりかかります。とっても手早く、たくさんジャガイモの皮を剥いてくれた子も。おうちでお手伝いをよくしているのかな?なんと今回はカメラ係も子ども達がやってくれました。とっても上手に撮れています。

b0026615_9443176.jpg
たーくさーんできたタネを、ホットプレートで焼いていきます。砂糖を入れた方は、粘り気が出てひっくり返すのが大変です。ずうっと焼く係をやってくれた子は熱さで顔が真っ赤!


たくさん作ったジャガイモおやつも、焼けるそばから子ども達のお腹に入っていきました。最後にはなんとスタッフさんが持ってきてくれたチーズをトッピング、大好評!ジャガイモはちょっと苦手、と言っていた子も食べてくれました。
お迎えにきたお母さんたちも、味見ができたかな?たくさん食べたので夕ご飯が入るか、ちょっと心配です。お母さんがた、片付けをお手伝いいただきどうもありがとうございました。
[PR]
by kayabun | 2006-09-26 18:40 | かやぶん子どもクラブ
9月10日は縄文Tシャツ作りイベント!縄文土器の模様を図案化し、自分でTシャツにプリントしてオリジナルTシャツを作りま~す。君も縄文人に変身?!
このTシャツ作り、子ども達からも要望が多い人気イベント。この日はなんと、21名もの参加者がありました。定員オーバーで受付が出来なかった方、申し訳ありません。次回のイベントをお待ち下さい。

b0026615_117994.jpg実際の土器の模様を、写真でみてもらいます。いろんな模様があるよ。人の顔みたい?トカゲみたいなのもあるぞ。
縄文の人たちはどんな思いを込めて、いろんな模様を作っていたんだろう。


b0026615_11144792.jpg
今日Tシャツにプリントする模様は10種類。まず、どの模様をどこにつけるかを決めます。子ども達のデザインは、Tシャツの裏も表も模様でいっぱい!なかなか素敵なTシャツに仕上がりそうです。


b0026615_11153732.jpgどんな模様のTシャツにするか決まったら、いよいよインクでプリントしちゃおう!模様の形に切り抜いたシートをTシャツにのせて、ローラーでインクを付けていくよ。今回はTシャツの色は5色、インクは赤・白・黄の3色。黒いTシャツには赤がとっても映えてカッコイイ!


b0026615_1118972.jpg
ローラーを転がす時には、シートをしっかり押さえていないと、動いてしまって模様がずれてしまいます。
お友達がプリントする時は、みんなでお手伝い。うまく模様がつけられたかな?


b0026615_11202510.jpgこの日はボランティアのお姉さんたちもお手伝いに来てくれました~。
テーブルごとにインクの色が別れています。今回もやっぱり、白が大人気!次々にプリントできるように、今回はドライヤーを用意。手早くインクをかわかします。

b0026615_11214731.jpg

お昼前には、無事カッコイイ縄文Tシャツが出来上がりました~!縄文住居で記念写真。子ども達はみんな屋根によじのぼっちゃいました~。みんな素敵な縄文模様のTシャツです。


今回プリントに使った土器の模様ですが、本当に縄文時代の人たちが、こういった模様を服にもつけていたかどうかは、実際にはよくわかりません。固く焼き上げた土器と違って、縄文時代の服は腐ってなくなってしまうからです。ですが、おそらく縄文時代の人たちも、この不思議な模様を様々な形で身につけていたことでしょう。
ちなみに、今回用意した10種の模様のうちには、子ども達にとっても人気があり、シートが引っ張りだこになったものが!縄文時代にも、人気な模様があったかも知れませんね。
[PR]
by kayabun | 2006-09-10 11:00 | イベント報告
b0026615_11405888.jpg


今年もおかぐらチャレンジ教室の時期がやってきました。地域に伝わる神楽を習い、来年の春にはなんと発表もしちゃいます!
前年度までは主に明野町の子ども達を中心として活動を行ってきましたが、今年度は対象を北杜市全体とし、広く参加を募ります。

【募集チラシの内容】
おかぐらチャレンジ隊員大募集!

「かぐら」とは、地域に昔から伝わる舞です。かぐらを習って、来年の春には舞台で舞ってみよう!初めての君も、大丈夫。ベテランの先生が、優しく教えてくれます。
いっしょに神楽を習ってみませんか?

参加費:無料
参加対象:小学校3年生~中学校3年生

第1回 神楽ってどんなもの?神楽の内容について楽しく学びます。
日時:9月30日(土)10:00~12:00
場所:明野歴史民俗資料館(れきみん)

申込締切:9月28日(木)

お申し込み・お問い合せは茅ヶ岳歴史文化研究所(0551-25-2019)まで。
[PR]
by kayabun | 2006-09-08 11:53 | 歴民・埋文だより
b0026615_11313651.jpg


茅葺き技術伝承のための事業、ボランティアスタッフ募集のチラシが出来上がりました。これから県内の各地域に配布し、参加者を募ります。すでに何名かの方からお申し込みをいただきました。どうもありがとうございます。

あとの心配はお天気・・・!作業の日に、良く晴れてくれると良いのですが。


【募集チラシの内容】
茅葺きボランティアを募集しています
かつては私達の身のまわりに、ごく普通にみられた茅葺き屋根。
現在、地域社会の変貌や、新住宅の増加によって、茅葺き屋根の民家は次々とその姿を消し、茅葺きの技術を伝える人たちも少なくなりつつあります。
NPO法人茅ヶ岳歴史文化研究所では、茅葺き屋根の葺き替え技術を次世代にのこし、伝えてゆくために、保存伝承活動事業を行います。
実際の屋根の葺き替えを手伝いながら、伝統的な茅葺きの技を学んでみませんか?

この事業は、実際に茅葺き屋根の葺き替えに、地域の人たちが関わり参加することによって、現在失われつつある茅葺きの技術を保存・伝承していくために行われます。

お申し込み・お問い合せは茅ヶ岳歴史文化研究所(0551-25-2019)まで。
[PR]
by kayabun | 2006-09-08 11:39 | 歴民・埋文だより

初めての茶道

かやぶん子どもクラブ、今年も茶道教室が始まりました。なんと今回は武川町から、あたらしいお友達が参加してくれました。
去年もお作法を習った明野の子ども達は、ちゃんとやり方を覚えているかな?

b0026615_8543055.jpg先生は小泉操さんと宮沢美代子さん。表千家の作法を教えていただきます。まずは薄茶を点てて、一通りの流れを見せていただきました。お道具の使い方や、動きの意味を説明しながらやっていただいたので、とってもわかりやすい。


b0026615_857640.jpg
さあ、実際に自分たちでやってみよう!
お茶碗を持っての入室からやってみます。ちょっとどきどき。
今回は袱紗(ふくさ)の使い方も習いました。


b0026615_859132.jpg
初参加の子ども達も、自分たちでお茶を点ててみます。初めてお抹茶を飲むのに、なんと2杯も飲んでしまった子がいてびっくり。
今晩よく眠れるかどうか、スタッフは心配です。


今回は正座をしてのあいさつの、きちんとしたやり方を習いました。効果はばっちりで、クラブ終了後に先生にご挨拶をした時は、みんな綺麗なお辞儀が出来ていましたよ。

先生からは、「いつもは学校やおうちで、いろんな事をてきぱきと無駄なくやらなければいけない、と言われているかも知れません。でも、お茶のお作法の一見無駄に見えるかのような動きには、心を静めてリラックスしながら、お茶会の時間と空間を楽しむという意味があります。このゆっくりとした時間を楽しんでくださいね」とのお言葉をいただきました。

茶道の時間、子ども達は楽しんでくれたでしょうか。とりあえずいつものように、お茶菓子にはみんな大喜びでした。
[PR]
by kayabun | 2006-09-07 17:30 | かやぶん子どもクラブ

手話で遊ぼう!

今日のかやぶん子どもクラブは手話教室。自己紹介や、自分の好きなものをいったりするのは、みんなとっても上手に出来るようになりました。
今日はビンゴゲームやカルタなど、手話を使っての楽しい遊びが中心です。

b0026615_119932.jpg
かるたは読み札に書かれたものを手話で表現!先生がなんと言っているのか分かったら、素早く絵札をとります。
子ども達は大興奮!なんと絵札をとりやすいように、机にのぼっちゃう子も。

この日は手話の先生が、クラブがおわった後にギターを弾いてくれました。
[PR]
by kayabun | 2006-09-04 18:30 | かやぶん子どもクラブ