茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

b0026615_11282625.jpg今日のかやぶん子どもクラブでは科学遊びをしました。
厚紙をトンボの形に切って、やじろべえのようにゆらゆら揺れるおもちゃを作ります。
ひっくり返らないように上手く作れるかな?


b0026615_11293664.jpg
これがバランストンボだ!なかなか可愛らしい顔をしています。
でも子ども達からは、「トンボってくちばしあったっけ~?」「なんだか蚊みたい!」という声が。
確かに…。トンボの目は複眼なのですよね。


ペンや指の先など、細ーいところにくちばし(?)を立ててみると、見事にバランストンボの完成!羽や胴体の部分に好きな色を塗って仕上げました。
[PR]
by kayabun | 2006-05-23 18:30 | かやぶん子どもクラブ
b0026615_160419.jpg
今日は明野小学校4年生の遠足の日。朝穂堰を歩いてたどります。
実際に堰を見る前に、明野歴史民俗資料館の常設展示を見学し、堰がいつどのようにして作られたのかを学びました。


b0026615_1621197.jpg楽しく堰について学ぶための○×クイズ~!

「堰を作る時に、税を納めなくても良いと決めてくれた代官がいました。それは石川五右衛門です」 さあ、これは○かな?それとも×?
みんな成績優秀です。


ちなみにこの朝穂堰、「あさほせぎ」と「ちょうほせぎ」という2種類の読み方をしていますが、正しいのは「あさほ」の方なんだそうです。
[PR]
by kayabun | 2006-05-22 16:09 | 歴民・埋文だより

囲碁教室:第3回

b0026615_15525888.jpg囲碁教室の第3回目。今までの内容、覚えているかな?碁盤の上にいろいろな対戦の形に碁石を並べて、次にどこに置けば自分の陣地を守れるのかをクイズにしました~。名付けて棋譜クイズ。
だんだんと難しい形に挑戦していきます。
[PR]
by kayabun | 2006-05-18 18:30 | かやぶん子どもクラブ
今日のかやぶん子どもクラブでは、昔家庭でよく作られていたおやつを、自分たちで作って食べます。食べ物効果?!か、普段よりもかなり多くの子ども達が集まりました。

b0026615_1213067.jpgまずはお団子づくりです。米の粉をお湯を混ぜながらこね、みんなでまるめて、小さなかわいいお団子作り!
きなこをまぶして、さっそくいただきまーす。
おいしい!


b0026615_1224620.jpgその次は「うすやき」作り。小麦粉を溶いた生地をうすーくのばして焼きます。
「今は卵やお砂糖、牛乳などおいしいものを混ぜられるけど、昔は本当に小麦粉や野菜だけで焼いたのよー」、と先生。


b0026615_1252875.jpg
これは野菜の漬け物を混ぜ込んで焼いたうすやき。先生達は「地菜」と呼んでいました。味は長野の野沢菜のお焼きにそっくり。
その他、キャベツとハムのうすやきと、何も混ぜないで焼いたうすやきを作りました。


何も具が入っていないうすやきが以外に好評!子ども達にどのうすやきがおいしかった?と聞いたら「全部!!」との歓声が。作り方を覚えておいて、おうちでお父さんやお母さんにも作ってあげよう。
[PR]
by kayabun | 2006-05-15 19:00 | かやぶん子どもクラブ
b0026615_1145495.jpg方言教室第2回。この日も甲州弁いろはかるたを使って、楽しく遊びながら山梨の方言について学びました。
子ども達は耳慣れない言葉が面白いのか、ちょっとはしゃぎ気味。
これ、ちょびちょびしちょしね。


b0026615_11495288.jpgこれが甲州弁いろはかるた。今回は「へ」から「ぬ」までの言葉を知ったよ。絵札のかわいいイラストを元に、どんなことが書かれているのか推理します。「へんからねーじゃん」ってどんな意味かな?「ぬめらっこい」って?
甲州いろはを全てマスターして、かるた遊びができるようになる日も近い?!
[PR]
by kayabun | 2006-05-12 19:00 | かやぶん子どもクラブ

囲碁教室:第2回

b0026615_1140154.jpg
この日のかやぶん子どもクラブは、囲碁教室の第2回目が行われました。
だんだん囲碁の遊び方がわかってきたかな?次回の囲碁教室は5月18日です。
[PR]
by kayabun | 2006-05-11 18:38 | かやぶん子どもクラブ
山梨県考古学協会主催による2006年度地域大会「梅之木遺跡から見た縄文のムラ」が5月14日、北杜市須玉町ふれあい館にて開催されます。
ほぼ完全な縄文時代の環状集落や、集落につながる縄文時代の道・水辺の作業場などの発見で、全国的にも注目の集まる明野町の梅之木遺跡。2006年度地域大会では、梅之木遺跡を中心に、縄文時代の遺跡の全体像や、それらの保存活用についての講演が行われます。

2006年度 山梨県考古学協会 地域大会
梅ノ木遺跡から見た縄文のムラ


日時:2006年5月14日(日)13:00~17:00

場所:北杜市須玉町ふれあい館

内容:
「梅之木遺跡の調査(仮)」 佐野 隆 氏
「縄文遺跡と道(仮)」 領塚 正浩 氏
「青森三内丸山遺跡の調査と保存活用(仮)」 岡田 康博 氏
「縄文集落研究から見た梅之木遺跡の位置付け(仮)」 小林 達雄 氏

予定人数:約150名

主催:山梨県考古学協会・北杜市

詳しくは山梨県考古学協会のサイトをご覧ください。
[PR]
by kayabun | 2006-05-08 18:42 | 梅之木遺跡情報