茅ヶ岳歴史文化研究所の日常やイベント報告、最新ニュースなど。


by kayabun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こども神楽の練習

おかぐらチャレンジ教室、本日は第2回目の練習日です。今日はまず口歌という、神楽の曲を覚えるための歌を習いました。

b0026615_20365088.jpg
口歌が歌えるようになったら、いよいよ舞の動きを習います!鈴と、自分で作った御幣を持って、足の運びを覚えます。



今日がおかぐら初体験の子もあっという間に動きを覚え、みんなで練習しました。来月には、神楽のお面に色をぬる体験も行います。発表にむけて頑張るぞ!(N)
[PR]
by kayabun | 2005-01-13 20:41 | 子供神楽教室
 今日は道祖神祭の日。明野町では各地で道祖神を竹や注連縄で飾り、祈りを捧げる様子が見られます。
 かやぶんでは、特に上神取の道祖神祭に注目してみることにしました。ここでは、おやなぎさんという大きな竹のご神木を作り、五穀豊穣や家内安全を祈ります。
今まで練習を重ねてきた獅子舞も、いよいよ今日が本番。
そろいの衣装に身を包み、新調された獅子頭で獅子舞を披露します。

b0026615_151081.jpg
獅子頭をかぶり、太鼓を叩きながら各家を回って、道祖神のお札を配ります。



b0026615_152317.jpg赤ちゃんが生まれたり、結婚をした・家を新築したなど、おめでたいことがあった家では、マクンベと呼ばれる幕の舞と、オンベと呼ばれる御幣の舞を行います。



b0026615_1531027.jpg



最後に道祖神に舞を奉納し、今年1年間の無病息災を祈ります。みんなで完成したおやなぎさんの前で記念写真!








上神取で獅子舞が舞われるのは実に70年ぶりのことだそうです。昔の獅子舞を知っている年配の方からも、獅子を初めて見る子どもたちからも喜びの声があがっていました。
笛や太鼓もやりたい、もっと上達したいなど、来年度以降への意欲もわいてきたようです。参加者の皆さん、お疲れ様でした。 (N)
[PR]
by kayabun | 2005-01-10 15:40 | 獅子舞

新年初 獅子舞練習

明けましておめでとうございます。
茅ヶ岳歴史文化研究所では、今年も獅子舞や神楽をはじめ、さまざまな活動を行っていく予定です。

今日は獅子舞練習。新しい獅子頭も届き、いよいよ練習も最終段階に入りました。
本番前に先生達に来てもらうのはこれが最後です。
1月10日の道祖神祭まであと少し! (N)
[PR]
by kayabun | 2005-01-05 19:53 | スタッフ日記